ホメオパシー

2010年2月15日 (月)

ホメオパシーに保険適用か?!

やっぱり鳩山さんは考え方もホリスティックである。
まさに、”宇宙人”と言われるだけのことはある。

今日のniftyニュースに載っていた記事を引用する。

------------------------------------------
首相、医療改革も“宇宙人流”瞑想、催眠療法に保険適用!?

2010年2月15日(月)17時0分配信 夕刊フジ

 鳩山由起夫首相のツルの一声で、厚生労働省は瞑想や催眠療法といった民間医療に加え、チベット医学、ホメオパシーなど世界各国の伝統医学の保険適用や資格制度化をマジメに考え始めた。考え方が宇宙人的といわれる首相が推進する医療改革は「歯科医院での首相の実体験が影響している」(関係者)らしい。

 厚労省は今月5日、統合医療プロジェクトチーム(PT)を発足させた。「統合医療」とは、従来の医療に伝統医学や民間医療といった保険適用が少ないジャンルを統合させて治療を行うこと。「医療費抑制の効果があるものの、必然的に医薬品の投与量が減るので、製薬業界と関係の深い厚生官僚はこれまで見向きもしなかった」(医療ジャーナリスト)

 風向きが一転したのは首相の言葉。「鳩山首相は先月29日の所信表明演説で『統合医療の積極的な推進の検討』を明言した。さすがに総理の言葉は重いので、バタバタでPTを立ち上げた。今月26日までに要望書の集約や研究実績などの情報を収集する。その後、各療法の有効性を検証していく方針」(厚労省幹部)という。

 そもそも鳩山首相は、政権交代前から超党派の推進議連副会長や民主党内の推進議連会長を務めるなど、統合医療に熱をあげてきた。関係者によると、そのきっかけは歯科治療。「歯科を受診した際、歯科医が統合医療を取り入れていた。歯の痛みを足つぼマッサージで抑えたそうで、その実体験が大きいのではないか」という。

 PTはとりあえず統合医療の研究がさかんな米・国立衛生研究所のジャンル分けを引用して、国内での実態把握を始める。伝統医学としては、中国医学やインドの教え「アーユルベーダ」、イスラムの医学「ユナニ」。さらに、断食療法や瞑想、磁気療法、オゾン療法、気功など「長妻昭厚労相の意向もあり、範囲はなるべく広めにした」(厚労省幹部)。

 元横綱朝青龍がモンゴルで重宝していた温泉療法も検討の対象となる。「私には主治医でなく主治湯があり、22年間、温泉に入るだけで健康を維持してきた」という札幌国際大学観光学部の松田忠徳教授(温泉文化論)は「戦前までは病気を治すためにあった温泉が、戦後になって『酒を飲む場所』に変わってしまった。病が起きてから対処するのが西洋医学。東洋医学は免疫力を上げて病気にかかりにくい体にする。湯治も6-7割が予防医学で、ようやく世界的な流れとなる」と喜ぶ。

 また長年、統合医療の推進を訴えてきた日本統合医療学会も「『玉石混合』といわれるが、その中から本当に効果があるものを1日も早く実証することが患者本位の医療につながる。今回のPT発足はその大きな第一歩」と高く評価する。

 国民の「いのち」を守ると明言した“宇宙人首相”の発想は奏功するか-。

----------------------------------------

遂に統合医療を政府が認める動きを見せたことはかなりの進歩だと思う。

寧ろ、今まで何ゆえにそこまで統合医療がアンダーグラウンドにしか活動させてもらえなかったのか、である。

鳩山総理のツルならぬ、ハトの一声がそのまま成就する事を祈っている。

あ、靈氣療法も保険適用お願いしますってメッセージしておこう(o^-^o)

| | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

ホメオパシーと魔女狩り

ホメオパシーは、ごく最近始まった療法ではない。

ホメオパシージャパンより引用させてもらうと、

----------------------------------------
今から200年前にドイツの医師ハーネマンがその生涯をかけて確立させた療法で、その起源は古代ギリシャのヒポクラテスまでさかのぼることができます。
ホメオパシーは同種療法あるいは類似療法と訳されている通り、「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」という「同種の法則」が根本原則になっています。
ハーネマンはこの「同種の法則」に、症状を起こすものを非常に薄めて使うことにより、体に悪影響を与えることなく、症状だけを取っていくものとなるという「超微量の法則」を打ち建て、安全で体にやさしく常習性を持たないホメオパシー療法を完成させました。
ホメオパシーでは症状を抑圧するのではなく、症状を出し切れるように後押しします。そうして初めて心身ともに健康になると考えます。 私達の心や細胞が抱える不自然なパターンを解放し、体の芯から健康を取り戻す自然療法、それがホメオパシーです。

---------------------------------------

また詳しい歴史については、こちらを参照されたい。

ホメオパシーは、ホメオパシーそのものが自分の身体を治してくれるというものではない。
自分が病気の原因に気付くことによって、自己治癒能力を促進させ、結果として自然に治ってしまうというものである。

あくまでも病気を治すのは自分である。

そこを間違えると絶対にホメオパシーという医学を受け入れることができない。

治してもらおうとする人は、いつまでたっても病気から離れられない。

結果、西洋医学のアロパシーに頼らざるを得ないのである。


この宇宙の法則に適った医学が、何故今の今まで陽の目を見ず、水面下での活動を余儀なくされてきたのだろうか。

本当に優れた医学なら、もっと普及してもいいはずじゃないか。

私もそう思った。

その疑問は以下のサイトで綺麗に解けた。

http://blog.arcturus-star.com/?day=20070826

もちろん信じるも信じないも読んでくれた人次第である。
かなり過激な情報が載っているので、懐疑的に思う人も多いだろうが、私がこれまで書いてきた内容は、正にこのサイトの内容と矛盾しないものである。

ホメオパシーは、あまりに優れた医学であるが故に、世界の支配層からすれば邪魔物でしかなかった。

これが普及したら、世界の支配層の、人類を弱体化させて自分達だけのエデンの世界を作るという計画に支障をきたすからだ。

そこでホメオパス(ホメオパシー医療従事者のこと)の事を”魔女”と呼んで、徹底的に排除・迫害したのだという。

感覚的にはナチスのユダヤ人大量虐殺と同じようなものである。
(と書いたが、後に、ナチスがユダヤ人を虐殺しようとしたのは理由があることを知った。教科書ではヒットラーのファシズムぶりを徹底的に悪く書いている節があるが、それらはシオニストユダヤ人らの扇動によるものだという。いずれ述べたいと思う)

そのくせ世界の支配層は、ホメオパシーを使って長生きしているというのだから卑劣である。

だからこそ、これからは私達一般庶民が堂々とこの医学を認めてあげることが必要なのだ。

そしてまた、今この地球の次元上昇が確実に実施されている時代にあっては、それが可能な状態にある。


日本は遅れている。

欧米では既にホメオパシーは広く認知されている。
特にイギリスでは英国王室も使っているという。

なのに日本でなかなか広まらないのは、特に日本人がホメオパシー的な物の考え方に気付いたら世界の支配層の計画が失敗してしまうと考えているからであろう。
それだけ日本人のパワーがいかに凄いのか、である。
だから絶対にテレビや新聞で大々的に取り上げられる事が今まではなかった。

しかし、ささやかな希望が見えてきた。

最近、私の地元の親友が、地元でホメオパシーの看板を見つけたと言って写真を送ってきてくれた。

また、たまたま私が乗った電車の中吊りに、堂々とホメオパシージャパンの広告が飾られているの発見して嬉しくなった。


一度騙されたと思って使ってみるといい。

副作用は全くないのだから、わざわざホメオパスに処方してもらわなくても、自分で勉強して自分や家族に限って服用することは可能である。

私は、子供の頃はしょっちゅう風邪をひき、風邪をひくと必ず熱を出して咳も酷く、あまり身体は強くなかった。

妊娠した頃に丁度ホメオパシーの事を知り、少しずつ試すようになったが、最近は風邪くらいでは薬に頼らなくても軽い症状のまま治るようになった。
逆に早く治さなきゃと思って薬を飲むと、以前よりも強く副作用を感じるようになり、家事をするのもままならない程の倦怠感を覚えるようになった。
薬を飲むと身体が重たくなってしまうのだ。
きっと薬は波動を一時的にぐっと下げてしまうのだと思う。

今、麻薬問題が特に芸能界を中心に蔓延しているが、この麻薬と医療の薬ははっきり言って同じだ。
ただ用途が違うだけだ。
病気になったら薬を飲むのが当たり前という考え方になると、自分で病気を治そうという気持ちがどんどんなくなっていく。
また薬で病気を治すのが常識だという観念を植え付けられて、その通りだと思っているならば、それは完全にマインドコントロールされているということである。
実際に飲んで本当に治ったら、益々依存する。
この常習化自体が麻薬と全然変わらないではないか。

そもそも麻薬は違法、医療薬は合法とする事自体が矛盾だとは思わないか?

医療薬も頼りすぎれば自己免疫力を低下させ、最終的にはハイリスクな病気を招いてしまう。
それは前述した予防接種と全く同じことだ。

更に言えば、麻薬が最近蔓延しているのは、これもまた世界の支配層による目論見なのだという。
麻薬を大量にばら撒いて人類を弱体化しようとしていたのが、正に世界の支配者達なのだそうだ。


医療薬は、本当に緊急の時には無論役に立つだろう。
そこに関しては認める。
しかし、常習的に依存する、病気になったら即薬、はこれからの時代にはもう馴染まない。
自分で自分が病気になった原因を究明しよう。
その原因に気付いて、自ら解決の糸口を探る事ができたら絶対に自然治癒できる。
これが宇宙システムの叡智なのだ。


あなた自身において一番の特効薬とは。

それは、”自分に自信を持つこと”である。

| | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

ホメオパシーについて

ホメオパシー。これは私が勉強中の霊気療法と共に、今後の地球の未来の重要なツールになるのは間違いないだろう。

現在の医学は、アロパシーといって、なった病気に対して、処置をする事が主である。”対症療法”とも言われる。
なった病気の部分を薬で治したように見せかけたり、手術などで取ったり切除して、なかったことにする。
おそらくストレスによるものでしょうね、とか、今流行っている病気だからだね、とか、そんな適当な言葉で済まされてしまう。

一方、ホメオパシーは、”同種療法”とか”毒々療法”とも呼び、病気の根本原因をカウンセリングなどを通して見出し、その原因と同じ要素を持ったレメディー(極小の砂糖玉で甘く飲みやすい)を与えることで、その原因を体外に押し出して確実に治す正しい医学である。

分かり易い例を挙げれば、喉が痛い時に、喉がヒリヒリするしょうが湯を飲んだり、熱が出た時は発汗させる為に敢えて毛布を沢山かけて寝たりする日本の伝統的民間療法が正にそうだ。

ホメオパシーは、病気の根本原因を体外に押し出す働きをするので、病気の種類にもよるが、ホメオパシーによって治った病気に再び罹ることは基本的にない。それは、病気の原因に患者が気づくと、もう二度とその原因を抱えないように自然と努めるからである。

しかしアロパシーの場合、病気になった部分だけを取り除く行為なので、根本原因には働きかけない。よって、患者は病気の原因をいつまでも抱え続け、結局再発してしまう可能性を高くしてしまう。


宇宙上にある全てのものは、波動でできている。
もちろん人間そのものも波動でできている。目に見えるのは、物質としての人間だが、それを構成しているのは、波動である。波動は常に健全に振動を維持することで、人間ならば人間の身体を正常に保つ。しかし、悩みやストレスなどを抱えることで、その波動に歪みが生じ、そのままにしておくと停滞してゆく。その停滞を放っておくと、やがて目に見える形で病気を形成する。
その波動の停滞を作っている悩みやストレスと同じ特徴を持った物質の極微量を、希釈して振盪(しんとう・良く振ること)して、その物質の波動(構成パターン)だけを取り出して、砂糖玉にして与えることで、その悩みやストレスの波動と共振共鳴し(つまりその悩みやストレスが原因であったと自分自身で気づき)、それによって体外に押し出されていく。
これがホメオパシーの治療方法である。

分かり易いものだと、コーヒーの波動のレメディーの場合。
これは、不眠症を治してくれる。
普通の考えなら、コーヒーそのものを飲んだら更に眠れなくなってしまうはずだが、コーヒーの波動だけを与えれば、逆に、体内にある不眠になる要因と同じ波動を持った箇所と共振共鳴して、元の正常な波動に戻ろうとするので、結果的に不眠は治ってしまう。

もし病気の根本原因を見出したつもりが全然違う特徴を持った物質の波動を与えてしまった場合は、病気の原因に共振共鳴しないので、そのまま物質の波動だけが外に流れて終わる。よって副作用はない。
なので、妊婦さんや子供にも安心してお奨めできる。

アロパシーの場合、物事を全て物質としてしか見ない。
でも、病気を作る原因は目に見えない部分にあるので、当然治療の対象外となってしまう。
物質だけを見るという事は、病気そのものも物質としてしか捉えないので、当然治療の仕方も物質的になる。
薬という物質で病気の物質をなくすとか、健全でなくなってしまった肉体の一部を切り取るという物質的な手術法を取る。
なので当然病気を未然に防ぐという考え方もできない。
予防接種の場合はどうなのかというと、予防接種も、血管に直接病原体という名の異物、つまり物質を注入する。体内環境に不適切な物質を血管に注入するので、当然身体は拒否反応を起こしている。その拒否反応に気付いてもらおうとして、かえって病気を呼んでしまう。結果的に、予防どころか、病気の予約をしているようなものである。


目に見える物、つまり物質だけを信じる、というのは、波動が粗い(低い)人の捉え方である。
波動を細かく(高く)していけば、自然と物質の中身、つまり物質を形成している見えない働きに目が行く。
それは”類は友を呼ぶ”と同じで、波長が合うからである。
現在波動を高くしている地球、またそんな地球についていく為に同じく波動を高くしてきている”はず”の人間がこれからに必要なのは、正にホメオパシーという医学であり、またそういう考え方なのである。

もう物質だけを見て対処する、という考え方を改めなければならないのである。
そうでなければ、地球から拒否反応を起こされて、地球外に流れていかなければならない。
今、そういう振るいに人間全員がかけられているのである。

波動を高くするには、自分の意識を高くする。
その為には、心でこうだと思った事をどんどん実行に移す事のみである。
人は経験を積まなければ、真理に到達できない。


私は、日本に初めてホメオパシーの学校を創った由井寅子女史が提携する、

ホメオパシージャパン

のサイトでレメディーを購入させてもらっている。

基本のレメディーについて説明してある入門書、

『ホメオパシー in Japan』由井寅子/著

を読めば、ホメオパシーの詳しい情報や、レメディーの詳しい扱い方を知ることができる。

私は霊気の勉強をしているので、今後はあまり頼らないだろうが、子供や旦那に使うにはとてもいいツールである。薬を飲ませる事を考えたら、絶対こっちの方がいい。

ホメオパシーで、感染病の予防もできるし、予防接種の解毒もできる。
世界の支配層がどんな生物兵器を使ってこようとも、ホメオパシーがあれば無敵である。

まあ、私が一番お奨めしたいのは、自分自身さえあればいつでもどこでも治療できる霊気なんだけどね♪


| | トラックバック (0)