2010年3月 5日 (金)

夢で人は出会っている

私は毎日、朝方になると何か夢を見ている。

でも普段は本当に他愛のない、日常の延長線上にあるような夢だし、全てを思い出す事もあまりない。

というより、思い出そうとあれこれ頭を使うのは朝から疲れるので、無理して思い出す事は敢えてしていない。

逆に言えば、思い出すに値しない、それ程大きな意味のない夢なのだろうと考えている。

しかし、無理に思い出そうとしなくても、起きた瞬間にしっかり覚えている夢というのがある。

それは自分にとって何か意味のある夢だと感じている。

その中でも特に、自分の知っている人が出てくる夢がある。

知っている人が夢に出てくる場合、大概私に何かメッセージを伝えに来てくれている場合が多いように思う。


前置きはこの辺にして、ある一人の学生時代からの友人が出てきた夢はかなり興味深かった。

この友人とは、下校時よく一緒に行動していたが、どうも波長が合うらしい。

下校途中で空を見上げた時、瞬間にUFOを見たのだ。

しかも二人同時に。

正に巷で定義されているようなグレーの円盤だった。結構大きく見えたので、かなり近い所を飛んでいたようだ。

「今見たよね?!」

「うん、見たよね?!」

見た瞬間二人で顔を合わせて驚き合った。

UFOなる物体は、それこそ0.1秒程で消えてしまった。


他にも細かい話はいろいろあるのだが、今回はこの友人が出てきた夢の話。

大体私がこの友人を夢に見る時、彼女は泣いている。

ある時、彼女が、別の友人達と喋っている私を後ろから呼んでくるので振り向いた。

振り向いてみると、既に泣いていて悲しそうにしていた。

そんな夢を見た時、私は決まって彼女にメールした。

「実は数日前、あなたが泣いている夢を見たんだけど、何かあった?」

すると返事はこうだ。

「実は、数日前、いろいろ悲しい事があって夜中に泣いていたの」

このような夢がきっかけで、この友人と再会することになり、お互いの近況を伝え合うという事が何度かあったのだった。

とある日の夢は、もっと面白かった。

何故か私の自宅のキッチンで彼女が立っていて、その彼女を後ろから抱きしめている男性がいた。

その二人の様子を私が隣りの部屋から眺めているというものだった。

早速この夢の話を友人にした。

すると友人は、「実は今好きな人がいて、最近仕事の後に一緒に帰るんだ」と言った。

私が男性の特徴を説明してみた。

長身で痩せ型で、髪の毛は黒くて短髪で、やや色白の肌でさっぱり醤油顔で格好いい雰囲気で・・・。

すると彼女は驚いて、「正にその通りだよ!」と言った。

説明してみた私の方が、後から驚いてしまったことは言うまでもないが。

師匠にこの夢の話をしたら、それはあなたが彼女の事を夢の中で覗きに行ったんですよ、と言われた。

ほえ~、私、覗きたくて覗きに行った訳じゃないけどナア
(;;;´Д`)ゝ

でも、ちょっと彼女の事が気にかかると、波長が合いやすいので夢に出てき易いのだろうと思った。

もちろん彼女の方から夢で私にアクセスしてくる場合もあると思う。

最近は会ってないし、夢にもなかなか出てこなくなってしまったが、お互いの環境の変化がそうさせたかも知れない。

とにかく彼女との一連のやり取りは、夢の仕組みを知る上で貴重な体験となった事は言うまでもない。


もちろん、彼女の夢のみでなく、他の自分の知っている人が夢に出てくる事がある。

夢で告白されることもあるし、夢で絶縁宣言されることもある。

普段何気なくいろんな知人友人と会って話していても、その表面からは見えない相手の本音が夢に出てくるのである。

きっとその逆で、私も自分の思いを夢に飛ばしている事がきっとあるだろう。

キャッチしてくれているかどうかは相手の受信能力にかかっているのだが。

そう考えると、本音は結局隠せないものなのだ、隠すべきものではないものなのだ、という結論に辿り着いてしまう。

”夢の中ではみな超能力者である”、というのは本当である。

夢に今まで無関心だった人も、今晩から、夢を見るという行為を少し意識して眠りに就いてみて欲しい。

隣りで寝息を立てている家族の本音が夢に現れるかも知れないよ( ̄ー+ ̄)

                                                          

| | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

生まれる直前の魂の夢

子供を出産して、数ヶ月経ったある日、とても印象的な夢を見た。

真っ赤な空の中、鉄のような低い柵の中に、4~5人くらいの白装束の格好をした人達がおり、そこから少し出た所に、同じく白装束を着た師匠と私がいて、私はその真後ろにいた。

そして師匠が、

「僕が先に行く」

と言って、下の世界(現世)へ降りていった。

私は、

「私もついていかなきゃ!」

と言って、同じく下へ降りていった。

夢はここで終わった。

ただ、それと同時に降りて行った仲間もいた。
おそらく柵の中にいた仲間達も後から次々と下へ降りて行ったには違いない。

とにかく印象的な夢だったのでずっと覚えていた。

自分の中では、これは私がこの世界に生まれる直前の魂の夢に違いないと思った。

そして、師匠の下で霊気の勉強をする宿命になっていたのだろうと直観した。

昨年の冬に、相談事で師匠のカウンセリングを受けに行った時、この夢の話もついでにしてみた。

すると、初めて聞くような話に愕然とした。

「その夢はホワイト・ブラザー・フッド(聖白色同胞団)が地球内部にある地下都市からやってくる夢です。宇宙評議会で私は地球を守るように命ぜられ、ここに来ました」

ホワイト・ブラザー・フッド???

地球内部の地下都市???

宇宙評議会???


私も精神世界の本はいろいろ読んでいたけれど、まだまだ自分の中で知らない世界があるのかと思った。

そして師匠は続けた。

「あなたも、やっと気付いてくれたんですね。私はあなたも普通の主婦で終わってしまうのかと思いましたよ」

私はこの言葉ではっと我に返った思いがした。

私は今までも、何かしたい、何かしたいと思って生きてきた。でも、どれをとっても、正直言ってしっくりこなかった。
この世界では、有名になった者が発言権を得る。有名になれれば、自分の意見を発信できて、思う通りになるのかなあと単純に考えていたこともあった。それで、自分の好きな音楽の技術を磨いて、プロになりたいと思った。でも上手くいかなかった。この業界もまた、いろんなコネクションで成り立っており、まず口利きがないと忍び込むのが難しいという現実、それから、求めているのはプロデューサーの言う事を素直に聞いて仕事するアーティストであることも知り、また純粋に音楽で表現をしようとする人間を騙してお金をふんだくろうとする連中も沢山いると知った。そのうち身体を壊し、バンドを組んでみたものの、意見が合わず、私には残念ながらも縁のない世界なのだと次第に感じるようになった。
そう考えている時に丁度起きた911事件。私はあの事件を見て、気持ちが引っくり返ってしまった。私は世界で何が起きているのが全然知ろうとしていなかったと気付いた。慌てて中東の歴史と諸先進国の思惑や戦争の意図について勉強した。
今では911事件は明らかにアメリカの自作自演だったと確信している。

それでいろんなNGO団体にも興味を持った。会員になったりもした。でも、”戦争反対”とデモ行進したりするのには何か違和感があった。ちょっと攻撃的な印象があり、お上が素直に聞き入れるようなやり方とはちょっと違うような気がしてきた。

その間に知ったのが、ヒーリングという世界。

精神世界の本はいろいろ読んできて、見えない力があるという事はなんとなく分かっていた。でも自分は霊感はないし、そういう超能力とか霊能力のある人達を眺めて凄いなあという気持ちだけで、自分がまさかできるとはゆめにも思っていなかった。

でも今、師匠に出会い、霊気を伝授して頂き、確かに自分で気を出して、人を癒す事ができている。施術させてもらった後に、すごく温かくて気持ちよかった、とか、手を当てられた所が痛いとか、あるいは、手を当てたところと別の場所がびりびりするとか、いろんな反応を聞くと、明らかに私がこの空間に詰まっている宇宙エネルギーを取り込んで、手のひらから気を出しているのだなと感じる。

そして、そういう力は、私だけではなく、人間全員が本来持っている崇高な力なんだという事も知った。

そうか、私がしたいのは、この見えない力がみんなにも備わっている事を知らしめることなんだと思った。

大人になる頃から、何かしたいよと心が叫んでいた訳が、この夢の意味を知った事でよくよく分かった。

そして、この見えない力が、地球の運命をも動かすという事実は、師匠に夢の意味を知らされた時、なんのわだかまりもなく、すーっと心に響いたのだった。

みんなに、見えない力を使って地球を癒し、本当の美しいまばゆい地球を取り戻すことができるんだという事を知ってもらいたい。
それがそう、祈りの力なのだと。

| | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

師の予知夢

2016年11月21日AM11時15分。人類にとって忘れられない日が来る。

20日夜東京。
前日から降り出した雨で夜の街は静けさを増していた。
深夜、雲の切れ間から星が流れるのを何人もの人々が目撃していた。
ポールシフト(地軸の変化)によって星が流れたのを人々が知ったのはそれから数時間後だった。
学者はテレビの中でポールシフトの説明を延々と語っている。
巨大な隕石が月と地球の間をすり抜けていったのが一番の原因らしい。月と地球の引力の法則が壊されたのが引き金なったようだ。地球は反転し日本は南半球になってしまった。
西から太陽が昇るのを日本の人々は目の当たりにして、立ち尽くした。

事の重大さにきづくまでに時間が掛かった。
当初、NASAはこのことを予測していた。
そして政府としてしかるべき準備をしていた。
だが日本政府は準備が間に合っていなかった。
日本政府がポールシフトの影響で巨大な津波が日本を襲う情報を入手するのにさほど時間は掛からなかったが、政府首脳人はこの事実を公にするのを躊躇した。
時間的にまったく猶予がなかったのである。
あと数時間で日本が巨大な津波に襲われる、それも人類が経験したことの無い超巨大な津波である。
世界中の学者が計算式を駆使して出した答えは、世界の人口の7割は死滅する。という結果が出た。
地球の大陸全体が津波によってかき消されるのである。
島国日本はもはや助かる見込みは無かった。

日本の首脳陣は決議決定において天皇陛下に事情を説明して国民に話してもらうようお願い申し上げた。
陛下は静かに「はい、わかりました。」とだけお仰せになられ
一度吹き上げ御所にお帰りになり、報道陣を集められ、すべてのメディアの前で静かにお話しになられました。
陛下のお言葉は国民を納得させるに十分でした。
このとき初めて日本国民初め政府首脳人が天皇が何たるかを身を持って知らされました。
時間は朝9時でした。
日本人が一つになった瞬間でした。
日出国の民が肉欲の身を捨て、天皇を中心とした魂の幸あう国倭人としての高天原が立ち上がった瞬間でした。
日本の人々は心静かにその時が来るのを待ちました。
はるか彼方より立ち上がる高さ3キロにも及ぶ津波がゆっくりと近づいてきます
2016年11月21日AM11時15分。

そのときは来ました。

巨大な津波は瞬く間に日本全土を洗い流していきました。
阿蘇、穂高、富士、日本の数箇所だけが残っていました。

空は清く晴れ渡り、太陽の日差しがまぶしく海底の日本の地を照らしていました。


これは私の霊気の師匠が2005年に見たという予知夢の話である。

私はこの夢の話を、丁度たまたま初めて師匠のブログを見てみた時に知り、かなり震撼したのを覚えている。

その時私は丁度第一子を妊娠していて、幸せの絶頂にいた時だった。

それからしばらくして(確かもう子供が生まれて家を買って引っ越した後の頃)、私の親友が家に遊びに来てくれた時に、話してくれた夢。

「最近不思議な夢を見た。大きな津波に襲われて、死にそうになって目が覚めた」

私はこれは単なる偶然じゃないと直観した。

でも、当時は育児に夢中だったし、単なる思い過ごしで終わってくれたらいいのに、という気持ちの方が強く、じゃあどうしたらいいのかまでとても考えられなかった。受け止めるにはあまりに壮大な話だった。

とりあえず師匠が毎日唱えているという般若心経を、私も1日10回くらいなるべく唱えてみようと思ってやってきたけれど、それもどこか漠然としていて、いまいち身が入っていなかったと今にして思う。

けれど今は違う。

今になって、私が今まで生きてきて出遭った出来事、経験、そして私が自ら見て聞いて調べて感じてきた事柄が、全て一つの直線で繋がったと確信したのである。

| | トラックバック (0)