« 言葉と映像は強烈な洗脳プログラム | トップページ | あなたは”空”である »

2011年6月13日 (月)

ワクチンの不必要さを露呈した事件がまた発生

今しがた、ネットのニュースを見ていたら、ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの同時接種によって乳児が死亡した事件が発生したという記事が出ていた。

以下引用。

-----------------------------------------------

2011年6月13日(月)15時15分配信 時事通信 
-PR-
 熊本市は13日、ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンを同時接種した同市の2カ月の男児が死亡したと発表した。市によると、ヒブワクチンなどの同時接種で乳幼児が死亡したのは全国8例目で、厚生労働省が4月に接種を再開してからは初の死亡事例。
 男児は今月3日に市内の医療機関でヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンの接種を受け、翌日未明に死亡した。基礎疾患はなく、接種した医師は、接種との因果関係は不明としているという。 

-----------------------------------------------

親の不安や恐怖心が、子供を死に追いやった。

私から見れば、そういう風にも取れる。

残酷な言い方かも知れないけれど。

子供の、更には人間そのものに生まれつき備わっている自然治癒能力を疑った結果、薬やワクチンに頼る社会が蔓延していった。

死なずに生きている子供はもちろん沢山いる。

しかし、死ななかっただけで、薬やワクチンによって、確実に自己免疫力を低下させられているという事実をどうか知って頂きたい。

人間の生まれつき備わっている、宇宙エネルギーを受け取る能力、そのエネルギーによって生命を強靭に維持する能力に、どうかどうか気付いてほしい。

もう躊躇している時間はないのだから。

|

« 言葉と映像は強烈な洗脳プログラム | トップページ | あなたは”空”である »

マスコミが書かない話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193839/51936233

この記事へのトラックバック一覧です: ワクチンの不必要さを露呈した事件がまた発生:

« 言葉と映像は強烈な洗脳プログラム | トップページ | あなたは”空”である »