« 新しい生活 | トップページ | 被災地へ向かって祈ってきました »

2011年5月 7日 (土)

自然界の動きについていく為に

うちの師匠は、大概会う度に「時間がない」という。

「時間がない」とは一体どういうことか。

これが、私が最初の方に話した、自然界の動きのことである。

最初の記事で書いた、師匠が見た予知夢の話。

あれは、本当に起こることである。

しかし、師匠やその他本物のライトワーカー達が今懸命にお祈りして下さっている。

その懸命なお祈りによって、その時期が少しずつ先送りになっているのだという。

だからといって、起こらないと言っているのではない。

起こらなければ、地球自身のアセンションが完遂されないからである。

地球自身は今まで何度も失敗してきたアセンションを、今回は必ず成功させなければならないのである。

というのは、今回がもう、ラストチャンスだからである。

もし今度、地球自身のアセンションが達成されなければ、もう私達地球人としての未来もなければ、地球自身も火星のようなほぼ砂漠化したような眠りの星になってしまうそうだ。

だから、今回はもう、本気中の本気で、地球自身はアセンションを達成させる予定なのである。

じゃあ、何故ライトワーカー達は懸命なお祈りをして、その時期を先送りにしようとしているのか。

それは、私達地球人のアセンション能力を、できうる限り高めておく必要があるからである。

地球のアセンションが達成される時には、当然私達地球人も一緒に地球についていく程のレベルに達していなければならない。

しかし、なかなか予定通りに地球人のレベルが上がっていないのが実状なのだそうだ。

いまだにテレビなど大マスコミの洗脳報道で心が歪んでいたり、恐怖心に満ちていたり、悩みを持ち続けて解決できないままでいたり、トラウマを抱え込んでいたり、私利私欲にばかり目が向いていたり、”人並み”であることや常識的であろうとすることに囚われていたりする人々が実に多い。

今までの作られた道徳や常識の枠を、自らどんどんとっぱらい、本当の自分に目覚めていかなければならないのである。

私達がここに生まれてきたたった一つの理由は、”地球を守ること”である。

そのたった一つの、実にシンプルでピュアな思いを、様々な人工的な、エゴイスト達が作り上げた洗脳情報で見えない状態にさせられてきてしまったのが、この私達なのである。

そこから脱出できて、本当の意味で心の自由を獲得しなければ、あなたのアセンションはあり得ない。

地球は無事にアセンションを遂げたけれども、あなたはアセンションに失敗し、再びアセンションを達成するまで、また違う惑星で、同じ3次元世界に彷徨い続けなければならないのである。

つまり、3次元世界という物質世界を、別の3次元世界を映しだした惑星で体験しながら、その惑星がフォトンベルトをくぐってアセンションを遂げるのを待ち、その間に達成されなかった自分の意識の問題を解決しなければならないのである。

3次元という物質世界では、今まで地球上でも起こってきたような、戦争や原発、飢餓、貧困、病気など、様々な問題が起こる。

その苦しい体験を、再びしたいのですか?

つまり、そういうことである。

少なくとも私はもうこの3次元世界は十分味わい尽くしたので、一刻も早く愛で満たされた5次元世界へ行きたいし、絶対に行くつもりでいる。

地球が無事にアセンションを達成し、本当の5次元世界が始まったら、その究極は、思ったことがすぐに現実化されるような素晴らしい世界だという。

だから、これから起こる自然界の活発な動きを、むしろ喜ばなければならないのである。

喜ぶことができずに、怖いとか、死んでしまうのではないかとか、不安な気持ちばかりになっていると、その思いは残念ながら現実化してしまう。

一方で、地球が頑張ってアセンションを達成させようとして下さっているのだから、私もこれから起こる事全てを受け止め受け入れて、魂の浄化に努め、地球の足手まといにならぬように波動を上げて自分自身を身軽にしておこうと強く思って、それを実行に移していけば、必ずその思いは現実化するだろう。


死を選択しているのは、私達自身なのである。

生きることを選択して、その維持の為に必要なことをやっていれば、それは絶対に現実化される。

だから、これから起こることに対して、全く恐れおののく必要はないのである。

そういう、生きることを選択する人々、その思いを実行に移す人々がもっともっと増えて、予定の人数に達した時に、地球のアセンションが完遂されることが、この世界を作った神の希望なのである。

地球上に残るべき必要な人数があれば、再び地球の新しい世界を守り続けるその人類によって、地球は新しい5次元の歴史を世に刻むことができるだろう。

だからこそ、だからこそ、何度でも言うが、一刻も早く自分の役割に気付き、目覚め、実行して欲しい。

自然界の動きについていく為の最もシンプルでスピーディな道が、霊氣である。

靈氣をすることにより、私達の氣の滞りがどこにあるのかに気付き、それを解決することによって、氣の流れが改善されていくのを体感し、自分自身が心身ともに向上していくのを身をもって痛感することができるからである。

それを繰り返していくことによって、自然と”直観力”が高まっていく。

本当に必要なのは、この”直観力”なのである。

”直観力”が研ぎ澄まされていればいるほど、自然界の大きな動きにも、慌てずにうろたえずに対応することができる。

”直観力”を研ぎ澄ますには、心を浄化すること。

心の中に余計な思いを作らないこと。

重い思いは必要ない。

ただ、”愛に生きる”と決心すること。

それだけである。

師匠が見た予知夢では、2016年11月21日に地球のアセンションが起こるとある。

しかし、少しずつではあるが、師匠達の懸命なお祈りによって、その時期が先送りになっている。

今フォトンベルトが完全に地球を覆い尽くすこの時期にやっておかなければならないことは、何度でもいうが、心の浄化である。

本物のライトワーカー達と地球そのものが、あなた達の波動が上昇していくのを首を長くして待ってくれている。

それに感謝し、この今生かされている貴重な時間を無駄にすることなく、御霊磨きに努めよ。

愛に生きよ。

合掌。

|

« 新しい生活 | トップページ | 被災地へ向かって祈ってきました »

地球に祈りを」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然界の動きについていく為に:

« 新しい生活 | トップページ | 被災地へ向かって祈ってきました »