« おばあちゃん達にヒーリング☆彡 | トップページ | 日本よ、一氣に生まれ変われ! »

2011年2月25日 (金)

いろんな事が起こっていますが・・・

今年に入ってから、相変わらずニュースは暗い情報ばかり流し、聞くに耐え兼ねるジャーナリストの批判的な話や歌舞伎界や相撲界の醜聞ばかり。

こんなの見てたら希望なんて持てる訳がない。

もちろん菅内閣の迷走ぶりは話すまでもない。

現在、完全に過渡期を迎えている世界の動き。

本当はもうアメリカはほとんど破綻しているが、それを隠している。まだ公表するには反対する輩が一部いるから。

時代は完全にアジアへと移行し始めている。

去年あんなに騒いだ日中の確執は一体なんだったのか?

日中や中東を皮切りに第三次世界大戦をもくろんだアメリカ軍が、ウィキリークスによって重要機密文書の公開という目に遭い、更に中国が明確に戦争反対を唱えた。テレビではあんなに中国が悪く言われてきたが、ちゃんとNHKの報道の中では、対話を持って解決するのが望ましいとしっかり訴えていた。
これらのことがきっかけで、いよいよアメリカ軍のやってきたことが世界的に知られるところとなり、これで戦争の計画も頓挫した格好だろう。

ウィキリークスは、米国フリーメーソンと対向するロスチャイルド系の一派による集まりだといわれている。もう西洋の秘密結社による世界支配を止めるべきと考えたロスチャイルド系の人間が、米国フリーメーソンの横暴を止めるために、情報公開に踏み切ったようである。

ジュリアン・アサンジが性犯罪を犯して逮捕されたと聞いて、もう開いた口が塞がらなかった。

そんな訳ないでしょ。もう分かるよね。

でもって最近のジュリアン・アサンジ氏の様子はコチラのブログに書いてあった。

大体、スウェーデンはウィキリークスについては大歓迎で受け入れている国である。アメリカに身柄を引き渡すなどするだろうか?
以下のYou Tubeはウィキリークスがどういう活動をしているのかを知る非常に参考になる動画である。2009年 12月、ベルリンで開催された 26C3 というカンファレンスで行ったプレゼンテーションである。
これを見ればウィキリークスがいかに健全で平和的な活動家達の集まりであるかが分かるだろう。
ジュリアン・アサンジ氏の名誉回復を心から望むばかりである。

WikiLeaks Release 1.0 日本語字幕付き (1/7)

WikiLeaks Release 1.0 日本語字幕付き (2/7)

WikiLeaks Release 1.0 日本語字幕付き (3/7)

WikiLeaks Release 1.0 日本語字幕付き (4/7)

WikiLeaks Release 1.0 日本語字幕付き (5/7)

WikiLeaks Release 1.0 日本語字幕付き (6/7)

WikiLeaks Release 1.0 日本語字幕付き (7/7)


ちなみに、先日起こったニュージーランドの大地震は地震兵器によるものだろうか。

Kazumoto Iguchi's blog「ニュージーランド、クライストチャーチ大地震」よりご参照。

今回はイギリスからきた建築様式の大部分が崩れたという。

敢えてそこを狙ったHAARPの仕業であるというのならば、明らかに平和主義に転換を始めようとするロスチャイルド系列の組織に対するロックフェラーの威嚇行為ということになるだろう。

まだまだ油断はならない。

ハルマゲドンの計画を止められない連中がいる限り。


|

« おばあちゃん達にヒーリング☆彡 | トップページ | 日本よ、一氣に生まれ変われ! »

マスコミが書かない話」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろんな事が起こっていますが・・・:

« おばあちゃん達にヒーリング☆彡 | トップページ | 日本よ、一氣に生まれ変われ! »