« ぐぐったらケムトレイル発見しちゃった?! | トップページ | 人工の電磁波と自然の電磁波の違いとは »

2010年10月30日 (土)

電子レンジはもう使ってませんよね?

さて、以前からカテゴリー化して是非書こうと思ってた記事が”電磁波”について。

電磁波の危険性については、なんとな~く、うっすらと、ぼんやりと、知られるところとはなってきたとは思うけど、だからといって、防御しているかといえばそうではない。そういう人がまだまだ大半を占めていると思います。

中断してしまっていたハーモニック・トラストさんからのメルマガで、”電磁波”について書いてくれている記事がいくつかあるので、私のブログにも転載させて頂きたいと思います。

今回は”電子レンジ”について。

-------------------------------------------------

いきなりなのですが、皆さんの中で「電子レンジ」を使っている方はいらっしゃいますか?


きっと少ないと思われますが、やっぱり便利ですよね。コンビニの「温めますか?」は今ではすっかり定着しています。


コチコチに凍った肉や魚もすぐに解凍。冷めたおかずやご飯もわずかな時間でホカホカに。冷凍食品や半調理品などは忙しい私たちの味方。電子レンジは私たちの生活の必需品になっているのです。


でも、


どこかに無理があるんじゃないの?

やっぱり不自然だよな・・・


そう思われる方も少なくないのではないでしょうか。


「私は絶対使わない!」


あなたがそうであっても、自然食レストランでも使われているケースが少なからずあります。電子レンジの問題点についてはあまり説明されてこなかったと思います。


そこで今回は「誰も教えてくれなかった!知られざる電子レンジの秘密」についてお伝えしていきます。


昨日あんなに“おいしかった”チャーハンを電子レンジで温める。すると何だかおいしくない。


こうした経験があるのではないでしょうか?


自然食レストランでも電子レンジを使っているところがありますが、たいていはおいしくない。これはアミノ酸の構造が電子レンジによって変化してしまうことによると考えられるのです。


食べものの旨みを決定づける成分はアミノ酸、そういってよいと思われます。このアミノ酸だけを取り出し、それを化学の力で培養した商品が販売されています。だからこれらを使えばそれなりの味に仕上げられるというわけです。


アミノ酸には「L型」と「D型」の2種類があります。自然な食べものには「L型」のアミノ酸が含まれていますが、電子レンジを使うと「D型」に変化してしまいます。「L」には旨み成分がありますが、「D」にはない。つまりアミノ酸が変化によって旨みが喪われる、こうしたことが考えられるのです。


電子レンジは食べものの分子にアクロバティックな動きを与えます。水の分子(H2O)の性質を利用し、向きを反転させたり、逆転させたりする。1秒間に24億5千万回ともいわれる超高速の振動を加えることで、分子同士の摩擦が生じます。その摩擦熱によってすばやい解凍や温めが可能になるというわけです。


つまり自然界では起こり得ない動きや振動を加えたために、アミノ酸の構造が変化した。こうしたことになるのです。


ウマイ・マズイも重要ですが、それ以外にも問題があります。


電子レンジを使えば食材の酵素やビタミンなども損なわれる、そうした研究もあるのです。せっかく高いお金を出して買った食材も、電子レンジを使ったがために危険物質となってしまう・・・。こうしたことが考えられるわけなのです。


電子レンジを使ったものを食べると「白血球が増加する」といった報告があります。白血球は異物が体内に入ると、闘って退治してくれる強い味方。
それが増えることは、異物がたくさん入ったことの証拠になると説明されるわけなのです。


だからなるべく自然解凍を行う。再三お伝えしていますが、スピードを求めれば犠牲になるのは「味」と「安全性」です。どうしても場合はスチームレンジなども売っていますので、そうしたものを使った方が良いと思います。


今回は「電子レンジ」について考えてみました。

------------------------------------------------

現在お母さんになって育児をしている最中の方なら分かると思うけど、「母乳は電子レンジで温めると栄養が壊れてしまうのでやめて下さい」という文句を見たことがあると思います。私はその文句を見た時に、本気で電子レンジを使わないようにする事を考えなければならない、と思いました。

だって、母乳だけが、栄養が壊れるっていうのはおかしいものね。

母乳が壊れるなら、他の食材も全部電子レンジにかけたら栄養が壊れるに違いないと思ったから。

結局電子レンジメーカーの圧力があって、母乳だけは認められても、他の食材まで栄養が壊れるとは声を大にして言えないのでしょう。

じゃあ電子レンジを使わないようにするには、どうすればいいのか?

簡単に言えば、冷たくなったおかずもそのまま食べる。

そうするのが一番間違いがないでしょうね。

でも冷たいとまずくて食べられない、というおかずもあるでしょう。

そういう場合は、グリルやオーブン、フライパンを使って再び温め直せばよいと思います。

実際私はそうするように極力努めています。

ご飯など、水分を多く含む食べ物なら、蒸し器で蒸し直せばまた美味しく食べられますよ。


そんな私も、仕事をしている都合上、お昼時に家に帰れない時は、コンビニで買うこともあります。

その場合は電子レンジを使わずに済むサンドイッチやおにぎりなどを買っています(;´▽`A``


とにかく自分の身は自分で守る。

たまに外食する時は、あ~これ絶対”チン”してるなとか思うけど、そこは割り切る。

とにかく今私達が作り出している世界は、不自然極まりない世界なので、常に意識して、不自然さから身を守るように努めなくてはならないのです。

目に見えない電磁波ほど危険なものはありません。

電磁波についてはまた書きます。

|

« ぐぐったらケムトレイル発見しちゃった?! | トップページ | 人工の電磁波と自然の電磁波の違いとは »

電磁波」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子レンジはもう使ってませんよね?:

« ぐぐったらケムトレイル発見しちゃった?! | トップページ | 人工の電磁波と自然の電磁波の違いとは »