« 常岡氏解放される | トップページ | 遂に911の嘘が映画で暴かれる! »

2010年9月 8日 (水)

鈴木宗男氏も救わなくてはならない

ついさっきNHKのニュースを見ていたら、鈴木宗男氏に最高裁で実刑判決が下されたとの報道。
宗男氏は、ずっと前から、収賄罪など4つの罪で逮捕・起訴され、それを不服として裁判で争ってきた。
以下はネットで拾った読売からのもの。

------------------------------------------
鈴木宗男氏「いかなることあっても検察と闘う」

2010年9月8日(水)17時34分配信 読売新聞

上告棄却の決定を受けて、記者会見する鈴木宗男議員=中村光一撮影 [ 拡大 ]

-PR-
 あっせん収賄罪など四つの罪に問われ、最高裁が上告を棄却する決定をし、懲役2年の実刑などが確定することになった鈴木宗男衆院議員が8日夕、東京都内で記者会見した。

 鈴木氏は「私自身わいろをもらったという認識はない。密室の取り調べで作られた調書で誘導された犯罪であることを、最高裁は明らかにして欲しかった」と改めて無罪を主張した。

 また、「いかなることがあっても検察権力と闘っていく。与えられた環境のなかで、何が真実で、公正、公平かを発信していきたい。国民の皆さんに対しては、お騒がせしたことをおわびしたい」と述べた。

 自らが代表を務める新党大地については、「リージョナルパーティー(地域政党)として、エントリーしている者はいるし、志を受け継ぐ者もいる。(歌手の)松山千春さんとも相談して、今後のことをゆっくり考えることになっている」と説明した。

 鈴木氏は「(娘が)犯罪者の子といわれるのが親としてつらい。娘は私を非常に励ましてくれたので、親として申し訳ない思いだ」と目を潤ませた。

 最高裁の決定は7日付。懲役2年、追徴金1100万円とした1、2審判決が確定する。鈴木氏は公職選挙法と国会法の規定により失職し、近く収監される。

--------------------------------------------

鈴木宗男もまた、北方領土問題においてアメリカ傀儡政権与党であった自民党の意図しない方向に、つまり本当に北方領土の解決に真摯に取り組んだことが原因で検察から目をつけられ(アメリカとしては、平和な方向に持っていこうとする政治家は全て邪魔なのである。わざと混乱を作り出して戦争が必要というような状況にさせ、またそう洗脳させることが彼らの目的なのだ)、無理やり別件で罪を着せられた。
メディアはいかにも宗男という政治家が独裁的な要素を持った人物であるかという明らかな偏向報道を行い、一人の気概ある政治家をどん底に陥れた。
当時鈴木宗男氏の秘書だった佐藤優氏まで無理矢理逮捕するというこの検察の暴挙について、2人はどん底から這い上がってこれまで闘ってきたのである。

詳しくは鈴木宗男ブログを参照されたし。

これについて、ライジング・サンのブログでは以下のように書かれている。
全く同感である。以下転載する。

------------------------------------------
選挙前における最高裁の鈴木宗男氏への突然の判決に注視せよ

以前このブログで、鈴木宗男氏に対する小泉政権下における検察と外務省の目に見えない官僚の犯罪について書かせてもらった。 詳しい内容は、鈴木宗男氏の「汚名」という著書を読んでいただければ、検察と外務省がグルになって鈴木宗男氏と佐藤憂氏に対して非道な捜査、勾留したことがおわかりになります。

すでに佐藤氏には植草氏と同様に「なぜこの時期にのような不当判決が?」と思わせる事を最高裁がやってのけました。 この両名は著書やブログなどでベストセラーを続けており、このような両者の有罪不当判決は総選挙前における自民党と官僚による言論封殺としか考えられない。

そして本日、副島隆彦先生のブログ「学問道場」にも、先生から鈴木宗男氏に関する今後の最高裁の動向を日刊ゲンダイの記事により問題を提示していましたので、ここに引用します。

「貼り付け開始」

副島隆彦です。 まさか鈴木宗男氏にまで、今この時期に、最高裁が、慌てて有罪・実刑を出すことは無いだろう。 だが、民主党政権誕生の恐怖心に駆られて、汚染最高裁・バイ菌判事どもが、何をするか分かったものではない。 私たちは注視すべきである。  副島隆彦拝

(転載貼り付けはじめ)

「民主党が恐れる鈴木宗男 最高裁判決」 (日刊ゲンダイ) 2009年7月15日掲載

衆議院の波乱要因

8月30日に決まった総選挙。もはや政権交代が確実視されているが、民主党が密かにおそれているのが、「新党大地」を率いる鈴木宗男氏(61)の最高裁判決だという。

つい先日、外務省分析官だった佐藤優(49)の懲役2年6月、執行猶予4年という最高裁判決が確定したばかり。

斡旋収賄罪に問われ、1,2審で実刑判決を受けた鈴木宗男も現在、上告中だ。

もし選挙前にそのまま有罪が確定したら、収監されてしまう。そうなったら、北海道の選挙が激変するのは確実だ。 「北海道9区の鳩山由紀夫が民主党の代表についたこともあり、地元は『北海道から総理大臣を』と盛り上がっている。 自民党は最悪の場合、小選挙区は0勝12敗の全滅といわれています。 町村信孝、中川昭一、武部勤..........皆あぶない。   民主党が強いのは、鳩山効果もあるが、なんといっても地域政党『新党大地』との選挙協力が見込めるからです。 地元の宗男人気は圧倒的。 前回の郵政選挙でも、比例ブロックで43万票も獲得している。 一選挙区あたり3万6000票です。 しかし、もし最高裁判決が選挙前に出たら、民主党がアテにしていた票が消えてしまう。 まさか、最高裁がそんな政治的なことをするとはおもいませんが......」(地元関係者)

総選挙まであと50日間もあるだけに、何が起きても不思議ではない。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝

「引用終わり」


副島先生がおっしゃっているように、自民党は藁をもつかむ思いで政権死守のために何でもありの攻撃に出てくると思われます。

与党、内閣、官僚による政策が、長い期間をかけての国民への柔らかい虐殺行為だったことを考えれば、その責任をとって政権を国民に大政奉還することが必然である。


信用を無くせば取り戻すのはそんなに簡単じゃないことは世の常である。 そういうことすら解らない自民党や官僚は、勉強はできても猿(モンキー)と同じだ。 けっしてエイプではない。エイプはモンキー(猿)ではなく限りなく人間に近い類人猿だからだ。 すなわちエイプは国民であり、モンキーは自民党や官僚または米国に屁媚びつらう者たちのことである。


上記の記事にあるように、鈴木氏がいきなり有罪になり収監させられれば、民主党政権にもダメージがくる。  今までの最高裁の「法の下の平等」を無視した政権よりの判決を眺めてみれば、鈴木氏への不当判決が選挙前という非常に重要な時期に下されるかもしれない。 国民は植草氏の判決と同様に、鈴木宗男氏への突然の判決にも注視しなければならない。 そして鈴木宗男氏も日本と国民のために救わなければならない。

---------------------------------------------

鳩山前総理が水面下でロシアと緊密に交渉し、またそこに信頼している鈴木宗男氏を仲介させて北方領土の解決に尽力していた矢先の宗男氏の実刑判決。

もうネットでもこれだけメディアや検察や官僚の素性がばれているというのに、もう半ばやけくそになって虚構をばらまき国民の意志をねじ伏せようと躍起になっているその姿がもはや痛々しくさえ感じられる。

もう日本国民は騙されないぞ。

愚民なんかじゃないと証明してみせるぞ。

彼らの有色人種愚民化作戦にはもう乗りますまい。

|

« 常岡氏解放される | トップページ | 遂に911の嘘が映画で暴かれる! »

マスコミが書かない話」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木宗男氏も救わなくてはならない:

« 常岡氏解放される | トップページ | 遂に911の嘘が映画で暴かれる! »