« 新聞とネットの世論調査比較(要拡散!) | トップページ | 鈴木宗男氏も救わなくてはならない »

2010年9月 6日 (月)

常岡氏解放される

以前、常岡氏がタリバンに誘拐されたというニュースがあったが、遂に解放されたというニュースが入ってきた。
常岡氏はタリバンに誘拐されたのではやはりなかった。
前述した”ジャーナリスト常岡氏は誘拐ではない”の記事と合わせて読んだらより分かり易いだろう。

-------------------------------------------

アフガンで拉致された常岡さん、Twitterで犯人像語る

2010年9月6日(月)17時39分配信 ITmediaニュース

アフガニスタンで拉致され、5カ月ぶりに開放されたジャーナリストの常岡浩介さんがTwitterとブログを更新。「拉致したのはタリバンではなく、現地の腐敗した軍閥だ」などと明かした(写真:ITmedia) [ 拡大 ]


-PR-
 アフガニスタンで拉致され、5カ月ぶりに開放されたジャーナリストの常岡浩介さんが9月6日、Twitterとブログを更新し、「拉致したのはタリバンではなく、現地の腐敗した軍閥だ」という見方を示した。常岡さんは6日夕方、日本に戻る予定。

 常岡さんは拉致の直前・4月1日までTwitterを更新。取材の状況をツイートしており、「電気まで消して、息を潜め中なう」「タリバンの完全解放区を訪ねて、今電波のあるところへ出て来ました」など書き込んでいた。拉致以降ツイートが途絶えたが、9月3日、「i am still allive, but in jail.」(まだ生きているが、牢屋にいる)と更新。4日に開放され、6日、詳しい状況をツイートし、ブログも更新した。

 拉致犯について、「彼らはタリバンになりすまして日本政府をゆすっていた」とし、「処刑されると覚悟していた」などと報告。ブログでも開放を報告、犯人像に触れた上で、「帰国後はお礼行脚とお詫び行脚に明け暮れなければ、と覚悟しております」などつづっている。

--------------------------------------------

および常岡氏のtwitterで本人がつぶやきを開始しているので興味深い。

さて、日本政府は何をゆすられていたのか?
5ヶ月前といえば、4月頃のことだね。
丁度小鳩政権もメディアの周到な批判に遭いながらも普天間基地問題という勝負に出た頃だったと思う。

これはアフガニスタンの今の状況を見れば分かってくると思う。

常岡氏の誘拐にはアメリカ軍が関与しているという事は大筋で当たっているだろう。

アフガン政府を作ったのはアメリカだからね。

常岡氏の今後の呟きから目が離せない。

|

« 新聞とネットの世論調査比較(要拡散!) | トップページ | 鈴木宗男氏も救わなくてはならない »

マスコミが書かない話」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常岡氏解放される:

« 新聞とネットの世論調査比較(要拡散!) | トップページ | 鈴木宗男氏も救わなくてはならない »