« 日本一新の会 | トップページ | ほんとのタネは8年かかる »

2010年8月 9日 (月)

硝酸性窒素の危険は葉野菜だけじゃない

硝酸性窒素は葉野菜ばかりに含まれている訳ではないという。次に送られてきたハーモニック・トラストさんのメルマガを紹介しよう。

---------------------------------------------

前回は硝酸性窒素の危険性について詳しく見てきました。
肥料の歴史があったればこそ、これまで人類は食をつないでこれました。
現在の私たちも生きる糧を得れているといえます。
でも、もしより自然な食生活があるとしたら・・・
私たちは常に次のステップを知る必要があるように思います。


前回、硝酸性窒素の危険性は何となく理解できたけど、葉野菜1把を一日で食べ切るはずがないじゃない。生で食べずに茹でたり焼いたりすれば良いのでしょう?


そう思われたかもしれません。


【他の食べものにも・・・】
でもそうカンタンにもいきません。なぜなら硝酸性窒素の危険性は葉野菜だけに限らないからです。他の野菜やお茶、そして飲み水にまで含まれているのですから。毎日のいろんな食べものや飲みものから、体に蓄積されていくことになります。


野菜の硝酸性窒素は肥料の与え過ぎが原因で起ります。肥料とは植物にとっての三大栄養素、「窒素・リン酸・カリ」を主な成分にしているもののことです。中でも窒素は植物にとって「成長促進剤」、だから一番重要視されている成分です。有機肥料であれ、化学肥料であれ、肥料とは窒素が軸、これに違いはないわけです。


肥料は作物への養分供給を目的に使われます。そこに貫かれている思想は「より多く・より速く!」、このことに尽きるのです。特に有機肥料は生産者の勘を頼りに使われますので、一反(300坪)当り何トン、作り手によっては何十トンという量が使われるケースも少なくありません。


何十トンとなればトラック何台分でしょうか・・・、これはいいたくはありませんが、自然界にはなかなかありえないことで、不自然と言わざる得ない側面があります。


【自然界は自然栽培】
植物は本来自分に必要な窒素を自分で取り込む能力を持っています。それができなければ植物は、太古の昔にとっくに亡んでいたはずです。地球上の植物、そのすべてに人間が肥料を与えることなど、とても不可能ですから。


これはどんなに文明が発達しても不可能であり続けるでしょう。野菜も植物、だから必要な栄養分を自らの力で取り込むだけの力が備わっているのです。


実際に自然の野や山のどこにも肥料は入っていません。動物の糞や死骸が入ることがあっても、一ヶ所に集中することはありません。しかも何十トンも入ることはないのです。それでも植物たちは栄養失調になることもなく、逞しい姿を見せてくれています。


必要な分の窒素を自分で取り入れ、取り入れた分を吸収し生命を維持する。これが本来の、そして自然な植物の姿です。つまり自然界は無肥料自然栽培であるわけです。


【肥料の質と量】
硝酸性窒素の問題は、いかに過剰な肥料を与えているか?このことを物語っています。この数値は、植物の自然な成育過程を無視した結果ともいます。より速く!より多く!こうした人間の都合を植物に強いた結果ともいえるのです。


自然のルールや食べる人の安全が犠牲になっているといえるのかもしれません。無論、これまでの時代背景は安全よりも、腹を満たすことにありましたからこれもやむを得なかったのだとは思います。


前回述べた、牛の大量死事件は牧草に大量の肥料を与えたことが直接の原因とされているのです。


問題は肥料のクオリティーにあります。有機のものでも、低い数値が出るものもあります。傾向として言えるのは、植物性の肥料を使った場合は数値が低めに出ます。一方、動物性の肥料を使った場合は高い数値が出る傾向があります。


つまり「無農薬」なのか、「減農薬」なのかを問うことも確かに大切なのですが、同時に「どのような肥料がどのくらい使われたのか?」についても疑問を持つ必要がありますね。


【朝採り野菜の危険性】
もちろん肥料を入れない自然栽培の野菜だからと言って、常に低い数値が出るとは限りません。これはその畑で肥料をやめてから何年になるか、または自然栽培を始める以前にどのような肥料を使ってきたか、これらによって数値は変動します。肥料をやめてから年月が経過した畑の野菜は、低い数値になる傾向があります。
年数と土の中にこれまで入れてきた肥料や農薬などの不純物をいかに抜いていくか、この時間の質と長さの積み重ねができているほど、硝酸性窒素は少ない傾向があるようです。


また、硝酸性窒素は太陽光線によって分解されます。「朝採り野菜」が良いかのように思われがちですが、硝酸性窒素の問題を考えると決してそうとは言い切れません。日照によっても変わるので、夏場と冬場の葉野菜では残留濃度は変わってきます。またビニールハウス栽培ですと、どうしても太陽光線が弱くなるため、硝酸性窒素は分解されにくくなります。


【環境も汚してしまう】
硝酸性窒素は植物の成長にとっても欠かせない物質です。問題は、その「量と質」にあります。必要のないものまで、過剰に野菜に与える行為が、「毒」となって人間に返ってくる。さらに畑の肥料成分が地下水に染み込んだり、雨などで河川に流出し、それが私たちの飲み水やハウス栽培で撒かれる水として循環を繰り返すわけです。


「有機」を含めた日本の農業の現実は、硝酸性窒素の汚染を雪ダルマ式に拡大していると一面があります。有機をやるにしても、可能な限り肥料は少ない方がいいわけですね。


「ブルーベイビー症候群」はこの顕著な例で、一つはホウレン草に含まれていた硝酸性窒素、もう一つは茹でるための水道水に含まれていた硝酸性窒素、いわば二重の毒性が原因となって起こった事件だと考えられています。


【畜産県と糖尿病】
アメリカ・コロラド大学のコストラバ博士の研究によれば、硝酸性窒素は発ガン性物質やブルーベイビー症候群に限らず、「糖尿病」の原因物質であると指摘しています。実際に日本の人工透析患者の上位県は大規模畜産地域(1位鹿児島、2位熊本、3位宮崎)とビニールハウスなどの大規模施設農業地域と重なっています。施設農業とはビニールハウスなどを指す言葉です。


なぜこうしたことが起こるのかといえば、畜産からの糞尿が有機肥料として畑に使われることが原因と考えられます。畑の土からの窒素成分が地下水を汚染し、それが硝酸性窒素たっぷりの水道水となって飲み水や
作物の栽培に使われていく、まさしく「負の循環」の結果というわけなのです。


もちろん、これまでに牛乳を飲まず、肉をまったく食べていない人は極めて少なく、多くの人が畜産業のお世話になったことは否めないといえます。


肥料・農薬においても、同じことがいえます。
また前回の繰り返しになりますが、来年から肥料・農薬をやめることをすべての農家ができるかといえば、現実には不可能です。


だとするなら、有機であれ、減農薬であれ、一般の栽培であれ、まだまだ本当に貴重な食料だといえます。


しかし、地球環境にも、体外環境にも重大な影響を及ぼす硝酸性窒素の危険性を私たちは正面から見つめる必要があるように思います。私たちは肥料について真剣に考えなければならない時期に差し掛かっているのです。


また葉野菜を茹でれば確かに硝酸性窒素は軽減されます。がしかしその茹で汁が再び河川を汚し、土を汚してしまうのです。何が自然で何が不自然か、このことを軸に日々の食材を選択していく必要があると感じます。


肥料も農薬も使わない自然栽培を少しずつ広め、準備しておく必要性を感じ私たちは活動しています。

---------------------------------------------

硝酸性窒素は必要な量だけ野菜に含まれているべき物質。しかし肥料の与えすぎにより野菜に含まれる硝酸性窒素が無駄に増加し、それが土壌を汚染し、地下水を汚染し、水道水へ渡り、また私達の体へと入っていく悪循環。これは硝酸性窒素に限ったことではなく、他のあらゆる化学物質全てに言える話である。

有機栽培でも家畜の糞尿などの動物性の肥料を使っている野菜は、家畜が食べる餌そのものに大量に肥料を使っているというだけでなく、家畜が食べた餌に含まれるあらゆる化学物質が糞尿という排泄物に一番溜まっているので、普通の農薬を使った野菜よりも危険になる可能性があるとの指摘もあった。有機だから安全ではないのだという。
また、最近は家畜を早く肥やす為に動物性の餌(肉骨粉など)を食べさせる事例も多くなっている。本来は家畜は草食動物なので、植物性の餌を食べるのが普通だが、そういう不自然な事をやって育った家畜の糞尿はもっと危険になってくる。もちろんその家畜の肉も危険であることは言うまでもない。

いかに私達はそういう事を知らされずに、また知ろうともせずに、政府やメディアの”これなら安心”というキャッチフレーズを鵜呑みにしてそこに投資してきたのかという事実をまざまざと見せられた気持ちになった。

だからこそ、私は自然栽培野菜や自然栽培米や味噌を、できうる限り食べ続けることにしたのである。

|

« 日本一新の会 | トップページ | ほんとのタネは8年かかる »

自然栽培野菜」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 硝酸性窒素の危険は葉野菜だけじゃない:

« 日本一新の会 | トップページ | ほんとのタネは8年かかる »