« やっぱり不正選挙か! | トップページ | 小沢一郎の無実を広めよう! »

2010年7月15日 (木)

やっぱり不正選挙か!②

遂にtwitterでも不正選挙ではないかと騒がれ始めた。

どうやら株式会社ムサシという会社が選挙機材を独占して全国に提供しているらしい。
しかも、その導入が今年に入ってからなのだという。
麻生政権の時にこの機材の導入を推進していたという。
この機材を1社が独占するというのは、不正が置きやすい環境であると指摘されても仕方がない。
この会社がどこを支援しているのか、で勝敗は決まってしまうようなものだ。
選挙機材にこの会社の支援したい党を他の政党から割り振るような仕組みを導入すれば簡単であろう。


以下、リチャード・コシミズ氏のブログより、「国家規模不正選挙を糾弾し、裏社会の存在を世の中に知らしめよう!」転載。
---------------------------------------------
今回の選挙結果、「不正選挙」であるとネット上では評価が固まっています。あれだけ不人気で、「終わった政党」と評価されていた自民が復権?信者激減の創価公明がF票獲得作戦もなく勝利?何も自民と変わらないみんなの党が10議席?全てあり得ない結果です。

国民一人一人が、選挙結果に強い違和感と憤りを感じています。しかし、日本で不正選挙がおこなわれるとは、俄かには信じがたいと思います。この文明国で不正選挙?ですが、現実は冷酷です。

ネット上の覚醒したみなさんは、すでに口々に不正を糾弾しています。以下のサイトで、「敏いとう先生・国民新党に投票した」等々という報告を受け付けています。ものすごい数です。勿論、全体のごく一部に過ぎません。敏いとう先生・国民新党の本当の得票はどれだけあったか、見当もつかないほど多いはずです。

公表の得票数は、あらかじめ用意された改竄数字であると理解します。「裏社会」は、今回国民新党をターゲットにして徹底的な攻撃を仕掛けてきたわけです。投票した方々は、不正選挙の結果に心底怒っています。

●裏社会のみなさん、不正選挙をやって下さって感謝します。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201007/article_20.html

●選挙不正の情報を広く求めます!
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201007/article_19.html

日本で不正選挙などあり得ないと思い込む人が多いですが、今回、裏社会は復権の最後の手段として、使ってはいけない禁じ手を使ってしまったということです。

米国ではCIAが主導してブッシュを不正選挙で大統領にするなどした経緯があります。今回の選挙の勝者、自民公明みんなは、いずれも、ブッシュ・CIAに連なる米国権力を黒幕とする勢力です。そして、既得権益を奪われたくない総務省などの官僚が不正に加担しています。CIAの不正手法を今回採用したと考えます。米国で普通に行われている不正選挙が、日本では行われないと考える方が、異常です。(対米隷属を継続させるのが黒幕の思惑です。)

今回の蛮行が、「日本は不正選挙がおこなわれる国であり、背後で裏社会が蠢いている。」といった事実を多くの国民に知らしめる絶好の機会となると考えます。むしろ、歓迎すべき事態です。覚醒者を一気に増やすことができます。
我々の仲間を10倍増する素晴らしい機会を裏社会が苦し紛れに作ってくれたのです!

まずは、周囲の方で国民新党に投票してくれた人たちに、「不正選挙の行われる国」に住んでいることを理解してもらってください。「裏社会」の存在を認知してもらってください。それで、われわれの仲間は一気に増えます。裏社会を叩きのめす軍団を10倍に増やせます。

ネットでは不正選挙糾弾の動きを盛り上げていきます。「選挙やり直し」が当面の目標です。不正の証拠を炙り出す作業がこれから始まります。各位のご協力を賜りたくお願いします。裏社会をビビらせ、萎縮させましょう。まだまだ、戦いは終わっていません。これからです。

今後ともよろしくおねがいします。

リチャード・コシミズ
-------------------------------------------------


更に、以下、「国債評論家小野寺光一の政治経済の真実」のめるまが紹介サイトより転載。
--------------------------------------
闇に消えようとしている国民新党の票<妙に亡国の人物に都合のいい結果>

しかし、
今回、仮に郵政英米化を絶対にやりとげたい人物が
企画すると仮定するとどうコンピュータを
プログラムするか?

○小泉チルドレンを優先的に
受からせる

→片山さつき、佐藤ゆかり、猪口氏があいついで復活

○不思議なことに中畑清氏ではなく
片山元参院幹事長が当選した

→メデイアににらみのきく政治家が復活した

○大阪でまさかの民主党大物テレビタレント岡部まりが
落選
→大阪は橋元知事であるため
監視がゆるい?

○神奈川でまさかの千葉法相落選

→神奈川は小泉のお庭
法務大臣は交代させて
亡国派にしたほうが小沢たたきにとどめをさせる


どうもネットでの指摘をうけて
訂正して出してきた国民新党の
100万0036票

100万の近似値として
コンピューターに出させて
そこから無理やりに配分していったのではないか?


どうも国民新党と書いた票を3分の1は国民新党
3分の1は自民党
3分の1はみんなの党と
認識するようにしたり、

中畑氏の票を
二分の一の確率で
虎の票であると認識をさせた
とか
全国でも
小泉チルドレンの票になるように
優先させたのだろうか?

徹底して追及せよ

以下は読者からのメール(抜粋)

小野寺さま


メルマガ愛読させていただいております。

今回の参院選ですが、党別の得票数を見ると、
http://www2.asahi.com/senkyo2010/kaihyo/

●党別得票数と当選者数【比例代表】
民主党 1845万票 16議席
自民党 1407万票 12議席
公明党  763万票  6議席
みんな  794万票  7議席
国民新  100万票  0議席

上記だけでは見えませんが、政党名でなく
候補者名の記入で見ると、
みんなの党は、3万7191票で当選している人
がいる一方、
国民新党は、長谷川憲正(総務政務官)さんが、
40万6587票もとっているのに
当選されていません。

●党別得票数と当選者数【選挙区】
民主党 2275万票 28議席
自民党 1949万票 39議席
公明党  227万票  3議席
みんな  598万票  3議席

自民のほうが明らかに少ない得票数なのに、
議席数は逆転して(ねじれて)います。

かならずしも民意は【じみんとー】や【みんなのとー】
にあるわけではないのに
メディアはいっせいに、同じことを唱えていますね。

始めまして。私は横浜に住んでいる○○と申します。

いつも小野寺先生のメルマガを拝読しております。

今回の参議院選挙では比例代表では国民新党に投票したの
ですが、誰も当選されていないのは確かにおかしい
と思います。
-------------------------------------------

選挙のやり直しが実現できるのならそれが一番いいが、きっと今のままのマスメディアなら絶対これらの情報を表面化させずにスルーして終わらせるだろう。
こういった故意なる情報操作が最も恐ろしいのである。
私達は、マスメディアが完全に情報を支配するようになった戦後直後辺りから、とっくのとうに情報大戦争に見舞われていると言える。
ついでにいえばワクチン大戦争、薬物大戦争もね。

三原じゅん子が当選したのは、自民党の幹部が操り易いと判断したからでしょう。
目の前に示された情報を鵜呑みにして、幹部の言いなりになる政治家ばかり当選させているように思える。
テレビで流されていた、「子宮頸がんのワクチンの無料化を実現したい!」という選挙運動での発言。
申し訳ないけど、勉強不足としかいいようがない。
そして選挙運動中は食事がなかなか食べる時間がないのでサプリメントを愛用しているとのこと。
う~ん、自分の身体を破壊することばかりやってるじゃないの。
それで子宮頸がんになって大変な思いをしたからワクチン無料化して沢山の女性に打ってもらいたいって、あなた、ワクチンメーカーの広告塔ってことですか?(無料化にしても国がワクチンを買い取る形、つまり私達の血税が使われるに過ぎない。そのお金はワクチンメーカーに行くだけ。) その前に自分の身体を大切にする事から始めなさいっていうのに。説得力まるでなし。

つい最近から始まっている小沢一郎を支援する為のメルマガにおいて、平野貞夫氏は、選挙前に突然の自公協力があったと指摘している。確かに公明党も言わずもがなの議席大幅増だった。
平野貞夫氏を中心とした、メルマガ・日本一新への配信登録希望者は nipponissin@gmail.com まで宜しくお願いしますとのこと。8月中には専用サイトもできる予定だそうだ。
ご意見や叱咤激励のメールは別に設けますのでしばらくお待ち下さいと書いてあった。不正選挙を含めて私も意見したいので早く開設して欲しいところである。

|

« やっぱり不正選挙か! | トップページ | 小沢一郎の無実を広めよう! »

マスコミが書かない話」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり不正選挙か!②:

« やっぱり不正選挙か! | トップページ | 小沢一郎の無実を広めよう! »