« 自然の力を使う事は依存ではない | トップページ | 平野貞夫氏「菅民主党新政権に思うこと」(要拡散) »

2010年6月 4日 (金)

これが鳩山の腹案?!沖縄米軍は減っていく

鳩山総理は辞任した。そして小沢幹事長も・・・。

もちろん、応援してきた私としてはかなりショックな出来事だった。完全にマスコミのネガキャンに潰されたと思った。無知蒙昧な国民もメディアの戦略に呑まれたと思った。これからどうなっていくんだろう。日本の未来は、完全にアメリカの手中で転がされていくのだろうか・・・。

しかし、それにしても、あまりにも唐突であっさりとした辞任劇だったなあ。

しかも辞任発表する前日の鳩山さんは、記者団の前で親指を立ててポーズを取っていた。なんだか余裕の表情にも見えた。

さて、鳩山の言う腹案とは一体なんだったのか?
もしくは、これから実現されるものなのか?
辞任劇の裏に、何か秘策でもあるのか?

どうしてもこれらの希望に満ちた推測が頭から離れなかった。
でも悔しい。小鳩体制を崩壊させられたことに対するショックは今でも大きい。
それにしても、である。

そんな時、また平野貞夫氏の側近からメールを頂いた。
拡散するなとは書いてなかったので、転載させて頂く。

---------------------------------------------
(2日のメールより)

鳩山総理、小沢幹事長の同時辞任発表は、報道の
無能ぶりを露呈していて痛快だった。
なぜなら、今朝は新聞もテレビも「鳩山続投」で
塗り固められていて、古狸の暗躍を知るへそ曲が
りとしては「ほんとかなぁ」との思いが強かった。

The JOURNALの書き込みを見ると「私も辞めますか
ら、幹事長、あなたも辞めてください」のひと言
に、民主党支援者、就中、小沢支援者はお怒りの
様子だが、それは違うと私は思う。

なぜなら、幹事長職は代表による指名であり、組
織論としては運命共同体である。だから、総理で
あり、党代表が職責を全うできずに辞任する場合
は同時に辞任するのが通例でもあり、それが基本
的な組織運営である。

とここまでは良いとして、逆に小沢が「私も辞め
ますから、総理、あなたも引いてください」とな
った場合はどうだろうか。今朝の毎日の余録を読
むと江戸時代の「押込」について書いてあり、参
照して欲しい。それは「詰め腹」であり、無能で
はあっても、内閣総理大臣としての地位は無論の
こと、鳩山個人にも大きな傷跡となり、向後に禍
根を残す。

余録より「御身持ちよろしからず、しばらくお慎
みあるべし」と言上し、殿さまの大小を取りあげ、
身柄を拘束することを「押込」といった。

これは私の推測だが、小沢は「総理、あなたが私
に同時辞任を迫ってください」と言ったかどうか
は定かではないが、ほぼ同じニュアンスの助言が、
これもどこからかは知らないが、鳩山の耳に届き、
今日の発表になった、というのが筋書きではない
だろうか。
つまり、小沢は鳩山に華を持たせることで「武士
としての魂」を手にしたのである。

それに、あまりの手際の良さに不可思議さを感じ
るのは私一人だろうか。確かに会期末であり、法
案の積み残しもありはするが、辞任発表から代表
戦まで中一日であり、これは常軌を逸している。
翻れば、かなり早い段階でシナリオは書かれ、そ
の準備が万端整ったから発表、という図式とへそ
曲がりは見た。そう見ると、昨夜の小沢のしかめ
っ面も、鳩山のグッドサインも、全て胃の腑に落
ちる。

これで小沢が傷ついたか、そんなことは断じてな
いと私は思う。取り敢えずの総理が、菅であれ、
岡田であれ、それを支えるのは一新会、一新倶楽
部、そしてまだ、いづれにも属していない新人議
員と参議院の多数、それに、鳩山に恥を掻かせず
引かせたことで、鳩山Gも小沢Gと同じ立場に立
つだろう。

加えて、参議院選対策で「小沢抜き」は志慮の外
だが、よしんばそうであったとしても、小沢の秘
書団は全国に散っており、選挙が終わるまでこの
態勢は変わらない。

そしてまた、無役であれば仮に負けても責任を問
われることもない。また、小沢は「手抜き」をし
ない。自分が擁立した候補を中心に、軍団挙げて
の支援態勢をつくる。
幹事長であれば「公平」が頭をかすめるが、無役
であれば「手兵」のみに集中することも許される。
結果はどうか、仮に総数では負けても小沢軍団は
確実に増える。

これも推測だが、小沢Gの衆議院議員は新人が多
く、自分の選挙にも増して参議院選を戦う。それ
はそのまま次の自分の衆議議院選への布石であり、
無駄ではないからだ。資金は・・・・から出るだ
ろうし、現役だから食うには困らない。

小林喜代美議員も道連れになったが、これも定石
の範疇でしかない。経緯を見ていると、連座は免
れず、そこまで引きずって辞職させられるよりも、
ここで自ら引く道をつけてやることで、彼女自信
も次につながる。


(4日のメールより)

今朝(4日)早くに平野さんから「2日間のご無
沙汰でした」と電話が入り、先にお送りした私の
「推測記述」は、ほぼ間違いないことが確かめら
れ「平野の見解としても良い」とのことでした。
その後の展開とともに、もう一度読み返して頂け
れば顛末の裏側が見えるのではないでしょうか。

週明けには平野さんの文章で、その背景が詳述さ
れる手筈ですからご期待下さい。

小沢支援グループとしては、9月の代表戦がひと
つの山場ですが、本命は、来秋ではないかと私は
思います。

理由は、大久保無罪、石川微罪で全てが明らかに
なり、(この秋に公開される政治資金報告書で、
昨夏の総選挙にいたる資金問題が、かなり公にな
るとも思うが・・・)小沢氏が躊躇なく「辣腕」
をふるえるのはその頃かなと推測します。

---------------------------------------------

これらのメールを読んで、唸ってしまった。ははあ、やっぱり頭のいい政治家っていうののは、先々を読んで行動するものだとは知っていても、将棋で言えば、羽生善治のように、30手も40手も50手も先を読んで動くものなのかなあと関心させられた。
ほんと、この側近さんや平野貞夫氏の予測がそのまま無事に遂行されますように。

そして、私は日米共同声明が発表される前に見ていた松田光世氏のツイッターにある情報が頭から消えずにいた。

ライジング・サン(甦る日本)のサイトより引用させて頂く。

---------------------------------------

2010年05月11日 posted by kriubist
新聞・TVの報道よりも松田光世氏のつぶやきこそが真の情報である
テーマ:ツイッター情報

すでに各方面でブロガーさんたちやツイッターを利用されている方には共有されている情報ではあるが、「ドラえもん」こと松田光世氏(菅副総理も元政策秘書)のつぶやきこそが真の情報である。

ツイッターごときに利権を潰されてたまるかと考えているマスゴミや評論家などは、ツイッターはガセネタが多く信用するに値しないなどと「半泣き状態」で吠えているようだ。

すでに水面下では米国務省・国防総省レベルではなく、ホワイト・ハウス(オバマ)が普天間問題に真剣に乗り出してきている。 以下、松田光世氏のつぶやきを転載するが、これを見ればおそらく鳩山首相はウルトラCどころか「どこでもドア」を手にしたも同然の決着が着くことはほぼ間違いないだろう。

あれだけ嘘、捏造で騒いできたマスゴミが、今よりも更に国民から見放されることは間違いないだろう。

世の中儲け話やウマい話がその辺に転がっているわけでもなく、マスゴミの報道を信じる者は大衆が簡単に得られる情報(それこそ嘘・詐欺)をそっくりそのまま鵜呑みにして騙されやすい人たちだ。

こういう人たちは株や金融商品などでも騙されて損して、それでも損したことが恥ずかしくて人様に言えない状況の人たちでもあるだろう。

普天間基地の真相(本当の儲け話=真実)を知りたいのならば、あなたもツイッターに来て情報を共有して下さい。 そしてそれを広めて下さい。 一人でも多くの国民が本当のことを知るために。そして知る権利がある。


(転載貼り付け開始)


matsudadoraemon
鳩山首相が「5月末決着」にこだわる重要な理由をマスコミは報じていない。それは、自公政権が続けてきたグアム移転費用肩代わり分の継続問題だ。今年度予算には計上されていないために、昨年11月のオバマ大統領来日前にルース駐日大使が岡田外相に抗議するなど、ひと悶着あった

鳩山首相は、約4600億円とされる今年度分のグアム移転費用肩代わり分は、1兆円の「景気対策予備費」の内数で見込んでいる。米側が5月末までに移転人員増を飲めば、日本側の負担を増額できるようにそういう予算措置をとった。「トラスト・ミー」と。米側にとっても交渉期限延長は不都合を生じる。

日米双方にとって、普天間問題は、5月末に「一定の結論」を出すしかない課題なのだ。にもかかわらず、米側は「辺野古埋め立て案が最善」というもはや誰が考えても実現不可能なポジショントークに終始し、実質協議を先送りにしてきた。これに腹を立てた小沢さんは、連休中に予定していた訪米を中止。

転機になったのは、皮肉にもキャンベルの「loopy」発言だった。ワシントン・ポスト紙の報道を読売などが「誤訳」(キャンベル自身の言い訳による)し、キャンベルが連休前に急きょ来日して、自分の発言の意図は決して鳩山首相を交渉相手と認めない趣旨ではないと弁明して回った。おわび行脚だ。

キャンベルは、ジョセフ・ナイ教授ら日米関係を仕切る外交評議会の重鎮たちから「交渉に入る前から一国の首相を馬鹿にするとは、外交官失格だ。日米関係を壊すつもりか」と叱責されて、ほうほうの体で日本に来て、連休中の4日からの日米実務者協議入りに「無条件で」応じ、鳩山首相は沖縄入りを決断。

このキャンベルのおわび行脚については、「loopy発言」を誤訳した新聞・テレビは、なぜか報じていない。連休中に、NYから福山外務副大臣が、「その通りです」とツイート返ししてきたのは、この「お詫び行脚」と日米実務者協議がスタートした経緯についてだと福山氏が認めたことも報告しておく。

米実務者協議はまだこれから佳境に入るところ。それなのに、マスコミは、その詳細な経過を伝えずに、結論を勝手に予想してその後の政局ばかり論じている。どこまで劣化すれば気が済むのだろう。マスコミの仕事は、予想屋ではないはずだ。


ナパバレーのいいワインをルース大使からごちそうになったが、政治向きの話はなかったと、小沢幹事長が会見で毎日の報道を全面否定。「二元外交はやらない」という小沢原則通りの答え。米側が、交渉の場に小沢さんをつけたい様子は、伝わってくる。


刊文春のジャパンハンドラーズに偏向したオバマ政権、鳩山政権相手にせずという作り話は、月刊誌の悲しさで発売日には完全に陳腐化してしまった。4日から日本側が提案した「現行案を白紙にしたSACO合意改定交渉」を米側も受け入れ、実務者協議が始まったからだ。すでに辺野古埋め立て案は消滅。


「ゼロベースでの協議」という鳩山提案に米側が乗った以上、日米双方で努力をして出口を探すのは、当然のこと。「おわび行脚」をしたことで、交渉当事者としてキャンベルは首の皮一枚つながったが、米側の意思決定の中枢は、ハンドラーズの本拠地である国務省・ペンタゴンからホワイトハウスに移った。

日米協議開始を後押しした日米関係重視の外交評議会の重鎮たちは、共和党の副大統領候補だったサラ・ペイリン女史らが「オバマ政権は歴史上最も日米関係を悪化させた」と批判していることを踏まえ、ジャパンハンドラーズの偏った情報に頼らず、大統領自ら情報収集して問題解決に乗り出すよう進言した。


日本ではあまり伝えられていない重要な情報が、グアム・テニアン訪問を終えて帰国した民主党の川内博史議員らの記者会見で飛び出した。テニアンを含む北マリアナ州のフェテル知事が「ホワイトハウスから呼ばれて」5月16日にワシントンを訪問すると川内氏らに語ったと。オバマ大統領が動き出した。


オバマ大統領は、月刊文春チームの脆弱な取材とは全く逆の動きをとりはじめた。鳩山政権と真剣に向き合い、米国内への基地移転費用を可能な限り日本側に負担させ、必要な緊急派遣部隊は日本に残すことで、問題を解決するリーダーシップを示すことが、中間選挙にも有利に働くという計算が働いている。


週刊ポストが、ようやく鳩山政権の「訪沖土下座芝居」の裏側にある本当の腹案を伝えた。内容は、小生が昨年暮れと今年3月に週刊朝日で報じてきた九州の自衛隊基地を再編・日米共同使用化して緊急派遣部隊を「県外移転」するというもの。これは日米実務者協議前に作成されたポジションペーパーだ。


「総理試案」はポジションペーパーで、米側の要望も入れて、最終的に出来上がった成案を「これが腹案でした」と政府案として決定するというのが、「5月末決着シナリオ」。昨日の関係閣僚会議でも大筋その方針が確認され、閣僚の発言が揃ってきた。マスコミはこれから「外交」の本当の姿を見ることに。


日本のすべての自衛隊基地・訓練場を候補地として開放するから、好きなところを選べ、という大胆な方針を12日からの日米実務者協議ワシントンラウンドで提起することが決まったと報じながら、政府の最終案は辺野古と書いている朝日は、それがどれだけ支離滅裂なのか、わかっているのだろうか?


(追記)

普天間や嘉手納だけでなく、横田の返還の話もあります。すべてを交渉のテーブルに乗せる「日米安全保障条約の深化」に関する協議は、5月末にまとまるはずもなく、11月のオバマ来日までに詰めることになります。裁判管轄権密約が発覚した地位協定見直しも。


(転載おわり)

--------------------------------------------

この記事の内容はどうなったんだろう、そう思いながら自分なりに調べていった。
そして、やっと見つけた。上記の内容を裏付ける記事。

海兵隊のグアム移転費可決=政府原案410億円計上-米下院

重要な話なので上記の内容も以下に転載しておく。

---------------------------------------------

【ワシントン時事】米下院本会議は28日、国防予算の大枠を決める2011会計年度(10年10月~11年9月)国防権限法案を可決した。在沖縄海兵隊8000人のグアム移転経費を政府原案通り盛り込んだ。
 議会事務局によると、法案はオバマ政権が要求した海兵隊グアム移転費約4億5200万ドル(約410億円)を計上した。移転に伴うグアムのインフラ整備費を上積みできる。(2010/05/29-12:15)

---------------------------------------------

上記の内容を最初に知ったのは、誠天調書より 5/28の日米合意があってこその5/29の米下院の沖縄在日米軍グアム移転承認 鳩山民主連立政権は 成果をアメリカから もぎ取った。そして社民党の皆様 これからこそ宜しくお願いしますね。というページである。ツイッターで拾った。情報を下さった方ありがとう。

沖縄米軍を確実に縮小していく案が、日米合意の裏側で始まっていたということになる。
マスコミはこんなことを一つたりとも報道しないで、小鳩政権を倒すことにだけ躍起になったことがこれで丸分かりである。
辺野古案を盛り込むことになったのは、これは間違いなく米側の強い脅しによるものであろう。グアムに在日米軍を持っていく話がある一方で、辺野古にこだわる輩がいたのは、小鳩政権を結果的に窮地に陥れたいジャパンハンドラーズの意向であり、それがそのまま官僚を動かし日本のメディアを動かしたということであろう。
それを条件にグアムへの沖縄米軍の一部グアム移動について話を進めることを承諾したということであろう・・・・・・。
もしこの条件を守らなかったら日本に対してアメリカはそれこそ何でもしたのかも知れない。
アメリカは既にお金がない。アメリカの資本は金融業界を皮切りに壊滅的な打撃を受けている。そこでグアム移転に関する費用については日本にお金を出させることを考えた。総理は、お金はいくらでもあるからその代わりより多くの米軍を移動させて下さいと交渉した。そしてそれはアメリカ側も承諾したのである。
松田光世氏は、5月初旬の時点で、辺野古案は消えていると言っていた。しかし、日米のオバマ主導による駆け引きだけでは終わらず、最後の最後で無理やり日米共同声明に辺野古案の捻じ込みをかけてきたのが、ペンタゴンのジャパンハンドラーズだったということのようだ。
と私には解釈できたのだが、どうだろうか。

でも辺野古に基地を作るというのは、沖縄知事がYESと言わない限り無理な話で、総理とアメリカだけの合意では簡単には現実化できない問題であることも間違いない。
ここまで沖縄県民の感情をメディアに晒させたのは小鳩の逆作戦であると考える。

これらが事実だということなら、まだまだ希望が持てる。
国民よ、全てのチャクラを開き、心を開放して、事実に目を向けよ。命がけで国民の前に立って、権力闘争に振り回されずに、既得権益に呑まれずに心で動こうともがいている政治家を支えよ。支える力が強ければ強いほど、政治家の力は本領発揮できる。総理一人で闘っている問題ではなく、正に国民全体の問題なのだから。対岸の火事のごとく政治を見ている人に政治家を批判する権利はない。

これから起こる大きな波を、国民はしっかりとキャッチせよ。

|

« 自然の力を使う事は依存ではない | トップページ | 平野貞夫氏「菅民主党新政権に思うこと」(要拡散) »

マスコミが書かない話」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これが鳩山の腹案?!沖縄米軍は減っていく:

« 自然の力を使う事は依存ではない | トップページ | 平野貞夫氏「菅民主党新政権に思うこと」(要拡散) »