« これが鳩山の腹案?!沖縄米軍は減っていく | トップページ | 民主党にもう未来はない?! »

2010年6月 9日 (水)

平野貞夫氏「菅民主党新政権に思うこと」(要拡散)

はたまた平野貞夫氏の側近さんからメールが届いた。
平野氏のThe JOURNALに掲載される論文を拡散願いたいとのこと。
小沢一郎支持者の方は必見のこと。

-------------------------------------------

前回の「平野爆弾発言」に続く論説です。
The JOURNALに掲載した文章には校正漏れがあり、
筆者校正済のワードファイルと、本人の希望で、
縦組みしたPDFファイルをお届けしますので、前
回同様、それぞれのコメントを付して頂き、議員
会館事務所、あるいは地元の議員事務所宛に送付
頂ければ幸甚です。

*******************************************

○菅民主党新政権に感じること      
二〇一〇年六月八日 平野貞夫

五月二十八日(金)午後四時頃、JR常磐線で上野へ向かっていたところ、小沢幹事長から携帯電話があった。内容は、国会会期末から参議院選挙に至る政治日程と憲法や国会法、公職選挙法などの運用についての話だった。
夕刻にかけて電話のやり取りがあり、私が感じたことは、参院選挙の環境を良くするため「鳩山首相・小沢幹事長が退陣し、挙党一致体制をつくる」ことであった。

六月四日、民主党両院議員総会で菅直人氏が代表に選ばれ、八日には菅新体制が発足する。民主党や新政権への支持率は、V字型にアップし、予想どおりの展開になった。しかし、挙党一致体制については挙党どころか混乱体制となった。首相交代ドラマについて、さまざまな情報が流され錯綜しているので、私が関わった事実を中心に問題を整理しておく。

(鳩山首相退陣の深層)
六月二日の民主党両院議員総会で鳩山首相は「十日ぐらい前から退陣を考え、小沢幹事長にも自分の指示で辞めてもらう」という主旨の発言をした。これが真実かどうか問題である。私は五月二十八日の小沢幹事長との電話のやり取りで「自分の退陣を犠牲にして、首相に退陣を説得する」との心境を感じとっていた。
小沢幹事長は、自分が悪役になって他人を立てて事態を収拾するのが得意である。鳩山首相は責任を他人のせいにして問題に処してきた政治家である。

想い出を話しておこう。平成十四年秋、鳩山民主党代表が自由党に突然合併を申し入れたことがある。小沢自由党党首は「せめて役員会の了承をとってからにしてくれ」と留保した。
翌朝、鳩山代表から私に「鳩山―小沢極秘会議で小沢さんは、自由党は党名・理念・政策・人事もすべて条件をつけない。丸ごと合併すると言った。これを役員会で発言してよいか」との電話があった。
「それは小沢さんに聞くことで。意見というなら、何にもしらない自由党議員は大騒ぎとなり合併の話は不調となる。小沢は全力を上げて協力するとのことで説明すべきだ」と私は伝えた。  
この時の合併話は、民主党でまとまらず、鳩山代表は引責辞任をした。
今回、鳩山首相の退陣をめぐって、鳩山・小沢・興石三者会談が数回開かれた。六月一日の三者会談で興石参議院会長は参院の審議状況、選挙に臨む候補者の心境を鳩山首相に叱るように説明したと聞いている。この時点で退陣せざるを得ないことがわかったようだ。方法は、小沢幹事長がふりつけていた「鳩山首相が小沢幹事長の首を切る」というやり方だ。会談後の〝親指〟は、そのことで、返事は二日ということで話を持ちこした。

(何故、挙党体制がつくられなかったのか)
この三者会談の夜、鳩山・菅会談が行われたとの情報がある。時期は別にして会談は事実のようだ。
以下収集した情報を整理して、要点を再現すると。こんな感じになる。
鳩山 「やめるので後をやってほしい」。
菅  「わかったが、小沢を切ろう!」というものといわれている。
この夜、鳩山首相は松井副官房長官に、退陣用の演説の原稿の執筆を指示する。
私は、五月二十八日、小沢幹事長と電話でやりとりをした夕刻、菅グループに属する親しい参院議員に、鳩山首相退陣の流れを説明し、菅氏中心の政局となるので挙党一致体制をつくるよう心がけるようアドバイスをしておいたが、まったく逆の方向になったのは残念だ。

六月二日(水)午前九時すぎ、小沢幹事長の代理から電話があり、鳩山首相退陣とその後の政治日程について憲法上、国会法上の運用や前例についての意見を求めてきた。会期末でもあり、参院選挙の日程も固まっている状況だけでなく、朝鮮半島問題、国際的経済危機、災害など危機管理のためにも、政治空白を最小限にするよう意見をいう。

同日午前の両院議員総会で鳩山首相が退陣挨拶する時期まで挙党一致体制が実現できそうになっていた。どうもおかしいと感じたのは、午後二時頃、民主党幹事長室から「官邸は、首班指名を六月八日(火)に延ばしたい」との話が入ってからである。
「そんな発想だから鳩山政権はもたなかったのだ。国民の生命、国家の安全を考えない政治を続けるのかと、言いなさい」と伝えておいた。
情報通によれば、この頃、幹事長周辺に、六月一日の「鳩山—菅会談」の内容が伝わり、挙党一致体制が崩れたとのこと。ここら辺が事実に近いのではないか。
菅氏は二日の鳩山首相退陣を受けて、四日に行われる代表選挙に立候補を表明する。小沢氏は挨拶をしたいという菅氏に会おうとしない。私の推測は「鳩山—菅密談」を知ったからだと思う。

(菅代表の憲法感覚と人間性)
菅氏は立候補の記者会見で、「小沢幹事長は国民の不信を招いたことについて、少なくともしばらくは静かにしていただいた方が、ご本人にとっても、民主党にとっても日本の政治にとってもいい」と発言した。テレビや新聞のコメンテーターなどは「しばらく」とは小沢に甘いといっているが、そんな問題ではない。この菅氏の発言こそ、憲法感覚の欠如と人間性の欠陥を自分で吐露したものである。

(憲法感覚の欠如)
人間は基本的人権として、言論と行動の自由をもっている。まして与党の幹事長を勤め、党の代表として、政権交代に自己を犠牲にして貢献した小沢一郎という政治家に「日本のためにも静かにしていろ」との暴言は見逃せない。この発言は、政治家の言論・活動の自由を侵害するという憲法上、由々しき問題である。日本の有識者、政治家がこのことに気がつかないことが、日本の知的危機といえる。

(人間性の欠陥)
この暴言は、憲法原理に対する無感覚と無知を表すだけでなく、小沢一郎の人間を冒涜したものだ。人間の尊厳がいかなるものか、わかっていない証である。
なんのために、四国八十八ヶ所を巡ったのか。空海の思想が何かを知らない、形だけの信仰なら空海の怒りも強かろう。小沢氏を外すにしろ、言い方がある。「小沢は悪者」と断言したと同じだ。これで政権を担当できると思っていたら大間違いだ。
実は三年前の平成十九年元旦、小沢邸で菅氏は私をつかまえ、国会運営の真髄について質問してきた。当時の小沢代表の意向もあり、その後二年間ぐらい国会運営や政治についてアドバイス役をやった。
率直にいって、菅氏の性格は他人を利用して自分の地位や利益向上に利用するというきわめて自己本位で人間としての礼や信や道に欠ける態度であった。「脱小沢」の選挙劇場を演ずる役者としては適当かもしれないが、日本の社会や国民の生活を一新させることは無理である。

(政治と金とは何か)
菅代表はじめ反小沢グループが、念仏のように言う小沢氏の「政治と金」とは、東京地検特捜部と巨大マスコミがつくり上げた虚像であることは明確である。
特捜が不起訴としたものを、市民目線と称して人民裁判のように操っているのは、旧体制の自民の亡霊たちである。本来なら、菅氏自身が、民主政治の危機として彼らに反論すべき立場であった。それを小沢排除に利用したといえる。市民運動家・ポピュリストの限界で、世論を説得しようとせず、逆に世論を活用して小沢氏を切り捨てる方策に走ったといえる。小沢氏の問題はきちんと収支報告を出している問題への検察権力の意図的関与である。議会民主政治の確立のためには、こんなことを政治が許容してはならないことだ。

(菅新政権で気になること)
菅首相、仙谷官房長官、枝野幹事長という三役揃い踏みで、日本の政治が始まることになる。三人の過去を問おうとは思わない。これからの政治にたいする姿勢次第だ。
しかし、早くも六月七日には、小沢グループの抱き込み人事が始まり、切り崩し作戦が展開している情報がどんどん入ってくる。これも問題である。
菅・仙谷・枝野三氏が進めようとする政策は、新自由主義の思想による「小泉亜流構造改革」の再生、ネオコン政治を私は予感している。
仙谷氏と米国シティグループとの関係はよく知られている。枝野氏がやってきた仕分けはまやかしで、人間性を無視した形だけのもの。民間の小泉ブレーンを活用し、新自由主義に有利な仕分けをしているだけだ。制度の根本を仕分けするものではなかった。

小沢グループは、自由党時代「日本一新十一基本法案」を国会に提出して、共に生き共に幸せになろうという「共生社会」の実現を国民に公約したことがある。
小沢氏が、民主党代表選に出馬したとき、この理念を公約している。これを民主党の理念・政策に生かすことをこれからの活動方針にすべきだ。
「小泉亜流構造改革」の復活を阻止して「国民生活第一」の「共生社会」の実現をこれから、民主党の政治にどう取り入れ、日本に真の議会民主政治をいかに実現していくか、民主党の課題は重大である。
 自民党政権が崩壊し、民主党政権に交代した後、民主党の「ネオコン派」による「小沢排除」が起きると想定していた。
管氏が、代表選の出馬会見で小沢潰しを宣戦布告したことは「共生社会派」にとっては絶好のチャンスである。起用された政策担当者から、小泉政策の評価さえ言外に感じる。これからは、どちらが国民や国家社会の爲になるのか。どちらが本物なのか。民主党の洗濯が始まるのだ。


万人幸福の栞(丸山敏雄著・倫理研究所)に「得るは捨つるにありという言葉がある。
小沢一郎は平成十五年七月、この教訓を活用して自由党を解党、民主党に合流した。今回は鳩山首相を説き伏せ、身を捨てて、参院選挙に勝利して日本に民主政治を確立しようとしているのである。

-----------------------------------------

なんだか民主党内がもやもやしてきたね。

菅さんが総理になると知った時から、少なくとも鳩山氏の上をいく総理になれるとはとても思えないと感じた。
どうもにやにやしていてスキがある。
どこににやにやしてるんだろう。やっぱ官僚ですか・・・。

鳩山さんの小心ぶりにも平野氏は厳しく言及していて、私も反論はしないが、民主主導の政治にする為の第一歩としての政権交代に導いた小沢氏、その下で最初の内閣として奮闘した鳩山氏のコンビは自民党与党時代のそれとは比較できない力があったと私は思う。
そして今度の菅内閣がとてもとてもその上をいけるとはまずもって考えられないのである。

小沢氏も、今度の内閣は選挙管理内閣であると割り切っている。

私もここは割り切って、民主党に一票を投じたいと思っている。

|

« これが鳩山の腹案?!沖縄米軍は減っていく | トップページ | 民主党にもう未来はない?! »

日本一新の会」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平野貞夫氏「菅民主党新政権に思うこと」(要拡散):

« これが鳩山の腹案?!沖縄米軍は減っていく | トップページ | 民主党にもう未来はない?! »