« 身体も大浄化中?! | トップページ | 「世界権力者人物図鑑」もう見た? »

2010年4月21日 (水)

ひふみ祝詞

私の普段の祈りは、前述した通り、般若心経を唱えることだが、気分転換に、別の言靈を使いたい時に見つけたのが、”ひふみ祝詞”である。

ひふみ、よいむなや、こともちろらね、

しきる、 ゆゐつわぬ、そをたはくめか、

うおえ 、にさりへて、のますあせゑほれーけー。

これは、ひらがな四十七音に”ん”を加えてできた祝詞である。

ゐ=い、ゑ=え となる。

これを123回唱えると心の病が解消し、47回唱えながら食べて噛むと身体の病が治ると「日月神示」に書かれているという。

「日月神示」とは、昭和19年の6月に、岡本天明が麻賀多神社の境内の末社天之日車久神社に参拝した時に突如異変が起き、それから自分の意思に反して文字のようなものを書かされるようになったという。この自動書記されたものが日月神示とかひふみ神示と呼ばれている。

123回はまだ唱えたことはありません(;´▽`A``

最近は般若心経を唱えたいだけ唱えた後に、最後に3回くらい”締め”でひふみ祝詞を唱えると、なんだか気持ちが良いと思う。ひふみ祝詞の方が歌うように唱えられて、音の構成も流れるようで唱えやすく、心に染み入ってくる。

ひふみ祝詞について詳しいことは、以下のサイトをご参照。

船井幸雄.comより、船井幸雄のいま知らせたいこと

アルクトゥルスの光速前進(急展開バージョン)より


「日月神示」は中矢伸一氏が解説してくれた本をようやく読み始めたところである。

読みたい本が沢山ありすぎて、どうも後回しになってしまった。

でもかなり楽しみな本である。

読み終えたらブログにも書きたいと思う。


祈りの心、誇り高き日本人の持てる心として、大切にしていこう。

私達は皆、神の遣いである。

|

« 身体も大浄化中?! | トップページ | 「世界権力者人物図鑑」もう見た? »

地球に祈りを」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひふみ祝詞:

« 身体も大浄化中?! | トップページ | 「世界権力者人物図鑑」もう見た? »