« 民主党政権とその背景 | トップページ | ジャーナリスト常岡氏は誘拐ではない »

2010年4月 2日 (金)

小沢一郎を支援したいならココ!

本当に日本の国民の為の政治を粛々と舵取りする本当の政治家・小沢一郎を応援したいと思った目の前の貴方へ朗報である。

USTREAMで岩上安身氏と対談した小沢一郎の元側近・平野貞夫氏が4月に小沢一郎を支援する為のブログを開設するという。そのブログを通して支援をしていこうというものである。

----------------------------------------------------

「今、私たち国民の審判を経て政権を担った「民主党」は迷走
に迷走を重ねています。
党内で、何が問題で、どこをどうすれば、我々に開かれた
「国民政党」と言えるのでしょうか。
基本的な政治のあり方、政党とはいかなる理念をてば良いの
か、そのスタンスとはどのようなものを指すのか。
日々、混沌とした政治を許していいものでしょうか!

そして、あまりに酷い偏向報道(小沢一郎氏への誹謗中傷)
です。
その記事を読む私には、他の諸外国にあるものなのか大変
疑問に思えるのです。

私は自民党政治を脱却し、新しい日本の夜明けに希望を抱
いて一票を投じた一市民ですが、いっこうに明るい兆しが見
えてこない今の政治に忸怩たるものがあります。

今、その根底に政治として何が行われようとしているのか、
それを支援するためには我々はどうすべきか等、今のマス
コミの偏向報道に惑わされることなく、そして、その暗闇に
閉じ込められるのではなく、明るい日本作っていくためには
「小沢一郎」という政治家を小沢パッシングから守らなけれ
ばいけないと思うのです。

ついては、平野貞夫さんを核として、二見伸明、戸田邦二
(元、自由党議員)達増拓也(現、岩手県知事)さん
(以上確定)他、鋭意交渉中の論客も含め「小沢一郎支援
ブログ-市民による日本一新運動ネット版-」を開設すること
としました。

常に新しい情報、正しい情報を参加される皆様へお届け
します。」

1.ブログ名称「素晴らしい日本をつくろう!」                   
 小沢一郎支援ブログ―市民による日本一新運動ネット版―

2. 代表:平野貞夫
Blogger 二見伸明、戸田邦二、達増拓也
 (以上決定のみ。開設後、随時追加予定)

3. 会費:月払500円、年払5.000円(振込手数料:読者負担)

4. 会員、投稿者権利・義務規定を明記。
 (ネット上の先例に倣う)

5.「よこ書き」コメントとするが、
 電子書籍で読めるように縦組みの電子データも
ダウンロードもできる。
(筆者ごとに冊子化し、利便性を向上)

6. 可能なかぎり、情報(意見)の双方向性を維持する

サイト構築にあたり、事前に会員数などの一定の見通しを
たてる必要があり、現在事前登録を以下アドレスで受け付
けています。

参加ご希望の方には、後日、決定した詳細をメールさせて
いただきます。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

参加希望 申し込み先)
*小沢支援ブログ(仮称)開設準備事務局宛
(メールアドレス)
   easycompany777@yahoo.co.jp

に、仮登録をお願いします。

※ お名前は、ハンドルネームでOKです。
メル・アドも本アドでなくてOKです。

----------------------------------------------------

以上の事に対するお問い合わせは、私は直接の関係者ではないので、上記のメールで問い合わせてもらうのがよいと思う。

私達には、民主党政権を選んだ責任がある。

テレビや新聞等の大マスメディアの荒唐無稽な民主党と小沢氏への誹謗・中傷に流されているようでは、国民の意識は低級と言わざるを得ない。

選んだのだから、守らなくてはならない。

選びっぱなしで放置こそ、無責任ではないか?

また以前の政治家と官僚がつるんで税金を貪り尽くす体制に戻りたい?

アメリカのポチでいたい?

もうアメリカは完全崩壊間近だというのに、一緒に心中したい?

神国日本をムシンされてぐちゃぐちゃにされて、それでも平然として暮らしていける?

小沢一郎のウェブサイトに載っている小沢氏の信条を私達は心に留めなくてはならない。

04_mushin_2

もちろん小沢一郎のウェブサイトでも一般人の意見を常時アップしている。
私もコメント載せさせてもらったけど♪

どんどん自分達の未来を自分達の眼と手と心で選択していこう。
迷っている時間はもうないのだから。

今こそ、選択の時。

|

« 民主党政権とその背景 | トップページ | ジャーナリスト常岡氏は誘拐ではない »

日本一新の会」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎を支援したいならココ!:

« 民主党政権とその背景 | トップページ | ジャーナリスト常岡氏は誘拐ではない »