« 宇宙の法則には逆らえない | トップページ | いい悪いはない »

2010年2月 3日 (水)

私が見たケムトレイルとUFO

ケムトレイルって、知ってる?

かな~り前から、セスナが煙を噴射させながら空を飛んでいるのを私は見ていた。


中学生の時、当時仲の良かった友達と、いつも空を見上げながら下校していた。

すると、決まってセスナのような機体が白い煙を出しながらゆっくり走行しているのを目撃するのだ。

「あれ、なんだろねえ。飛行機じゃないみたいだし」

と、いつも友達と不思議な思いで話しながら帰っていた頃を思い出す。

ある日、ズームイン朝で、正に私達が見たのと同じような機体が煙を出して飛んでいるという投稿者の映像を流していて、一体これは何でしょうねと徳光さんが話しているのを見たことがある。
もちろんその時も何かは断定せずに終わってしまった。

ってことは、UFOの一種?
UFOにしては、随分現代的な機体だよなあ。

高校に入ってからは、あまり空を見上げながら登下校することがなかったが、それ以降も、たま~に同じような機体を発見することはあった。


私が結婚してハネムーンでドイツを訪れた時の事。

ドイツの旅先としては有名なロマンチック街道をバスで走行中、田舎の風景が続く右手の空に、沢山のセスナが空を舞いながら白い煙を出しているのを目撃。
まるで何かのショーでもやっているのかと思ったくらいだった。

中学の時に見たのと同じのが随分沢山あるなあと不思議な気持ちで見つめながら、ふと、

”もしかしてUFOまで出てきちゃったりして”

と何気なく思った瞬間、それらの合間に一瞬キラリと光る物体を発見!

思わず隣りに座って寝ている旦那を起こして、

「ちょっと、さっきのUFOだよ!」

と口走った。

本当に0.1秒の出来事だった。

沢山飛んでいるセスナの中で、何故UFOが飛んでいるのだろう。

その答えが、この歳にしてはっきり分かることになるとは、思ってもみなかった。

以下、飄(つむじ風)のブログより引用させて頂く。

----------------------------------------------------

ケムトレイル(chemtrails造語である。ケミストリー<化学>とトレイル<尻尾>の造語。)だが.........

 要するに、飛行機を用いて、大気中にいろいろの物質を撒くのである。それが、飛行機雲のように見えるが、飛行機雲ではない。なかなか消えないし、撒くと瞬間的に現れて、止めると消える。交差していたり、幾条もあったり、回転していたり、普通の飛行機の航跡では考えられない模様が描かれる。

 高々度の場合が多いが、低空の場合もある。航跡があるのは大抵高々度で、気象操作に関係していると想われる。

 何を撒いているのかというと、バリウム塩とかシリコンゲルなどである。これらは大気中の水分を吸収して、乾燥状態を演出するものと思われる。つまり、雨を降らさないようにしているのかも知れない。撒くと直後、空全体に雲が湧きだし、しかし、雨は降るわけではない。エアロゾルで太陽光を遮ることで、何かを魂胆しているものと思われる。

 低空に撒くものとしては、大抵は夜間に多いと思われる。それには、驚くことにウィルスやバクテリア、遺伝子操作したタンパク系の糸、金属粒子、極超微粒子(ナノ粒子)などがある。訊くところに依ると、トリインフルエンザウィルスやSARSなどもこの手の散布によるものかも知れないという。

--------------------------------------------------

つまりケムトレイルとは、世界の支配層による、人口削減計画の一端である。

更に、UFOに関する記事も同様に引用させて頂く。

--------------------------------------------------
 ますます、確信が深まっている。そのケムトレイルが、最近、かなり抑制されている気配がある。ある宇宙存在によって抑制されているとの情報にも接している。確認のしようがないので、掲載することも躊躇(ためら)っているほどだが、この記事は、それに一致している。

 認知症、ウィルス(鳥インフルエンザetc.)等は、このケムトレイルと勝手に確信していたが、その確信とも一致する。

 いずれにしても、この記事の信憑性はともかく、この記事の指摘は正しい。


【転載開始】政府内部の腐敗分子を一掃しないと国は崩壊します!
2009年3月31日(動画が重複しているようだが、そのまま、転載した。転載者注)

アメリカのオバマ政権が透明な、国民に開かれた、国民のための政府の実現に向かって歴史的な第一歩を踏み出すと同時に、オバマとその秘密部隊は、彼以前の政権下で進められてきたさまざまな経済犯罪・戦争犯罪・人権侵害を一掃するため、ケネディの死後封印されてきたCIA/NSA秘密資料を公開し、順次、各国の《吸血ヒルズ族》の逮捕を開始しました。
地球各地の自治体に寄生し、国を私物化し、国連を私物化して、戦後世界のあらゆる資源・技術・富を独占支配してきた闇の勢力は、各国のマスコミ、教育、医療、研究機関にも浸透して私たちの意識を統制し、私たちが彼らに家畜化され、モルモットにされて自由と主権を奪われてきた事実に気づかないようにしてきました。
その最たる実例のひとつが、以下にご紹介する《ケムトレイル》です。日本ではほとんど知らされていませんが、この3月初旬には、ハリウッドの女優が《ケムトレイル》を軍とCIA、NSAに供給してきたカリフォルニアの化学工場に毒物生産を停止するよう求める期限付き声明を出しました。しかし、州知事のシュワルツェネッガーがブッシュ一族やカール・ロ-ブ、イスラエルのネタニヤフらとともにまだ抵抗しています。
このような抵抗をいつまでも続けていると、彼らは、これまで犯罪的に手に入れてきたすべての財産を没収されるだけでなく、刑務所行きになり、それでも抵抗を続けると、地球外の星に移され、最後には魂そのものも再生を認められなくなります。
すでに銀河連邦は、ブッシュ/ロックフェラー/300人委員会に代表される闇の勢力の《ケムトレイル》作戦を昨年9月から完全に封じました。10月からこの2月までは、闇の勢力の地下抵抗基地DUMB[大深度地下軍事基地]の掃討作戦を実施しました。しかし、各国政府の内部にはいまだ世界の一部の特権階級に奉仕して、国民を見殺しにしでても自分の地位や名誉、財産を守りとおせると考えている狭量・無知な議員や官僚が少なからずいます。
銀河連邦は、これら各国の腐敗議員・売国官僚7万5000人のリストをすでに作成し、4月末までにその腐った魂を改めないなら、彼らのすべての公的な権限・影響力を消去する方針です。彼らの存在を皆さんが放置しておくと、地球人類の存続そのものが危うくなっているからです。
4月2日のロンドンにおけるG20首脳会議は彼ら闇の勢力の最後の反省の機会になります。
5月にはいよいよ911~アフガン~イラク~パレスチナをめぐる戦争犯罪国際裁判が始まり、6月からは地球各地の浄化が本格化すると見られます。
日本の皆さんが世界の恵まれない人たちのために大活躍する時が迫っています。
その前に、オバマ以前のアメリカ政府に協力して私たちの自由と主権を奪ってきた腐敗分子の一掃を急いでください。新しい日本を皆さん自身の手で実現してください。
銀河連邦は、そのような目覚めた日本の皆さんを大いに支援する準備を進めています! 
PICO

ケムトレイルの実例―それは決して飛行機雲ではありません!
この作戦を軍の秘密部隊にひそかに実行させてきたのは、世界人口の1%に満たないカザール・ユダヤ[シオニスト]の王族/富豪/銀行家とその各国使用人 [政府首脳/高級官僚/マスコミ幹部]でした。彼ら《イルミナティ》は銀河連邦の存在を隠し、彼らに敵対して地球の完全支配[NWO=New World Order=世界新秩序]を実現するため、戦後60年にわたって毎年何百兆円もの資金[私たちの税金から非公開の特別会計に移されたお金]を投じ、各国市民に極秘でこのような犯罪行為を続けてきました。

--------------------------------------------

つまり私がドイツの空で見たものは、有害物質を巻くケムトレイルと、それを阻止しようとしてセスナ機に向かっていった銀河連邦のUFOだったということになる。

更にケムトレイルの画像を拝借。

Photo_4

Photo_3

更に詳しいケムトレイル情報は、

飄(つむじ風)
ケムトレイル一連の記事

を参照して欲しい。

インフルエンザウイルスも、気象異常も、このケムトレイルによるものだという。

これをブログに書くかどうかについては、正直迷ったが、つい先日NASAがケムトレイルとコントレイル(普通の飛行機雲)の見分け方の公表に踏み切ったという情報を得たので、書かせてもらうことにした。

http://www.youtube.com/watch?v=Sl16iCUs9HU

上の動画は英語なので、和訳できる方、日本語にしてくれたら嬉しいな♪

やっぱり世界を操ってきた支配層の間でも分裂が起こってる証拠だろう。

宇宙の法則に従わない闇の支配者に警告する銀河連邦の存在・・・。

今までの地球社会の常識では想像もつかないかも知れないが、実際に起こっているということになる。

そのうちUFOや宇宙人が実在することをNASAが公表するかも知れない。

公表された時には、もう少し今の世の中も平和に向かっていると思う。

|

« 宇宙の法則には逆らえない | トップページ | いい悪いはない »

マスコミが書かない話」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が見たケムトレイルとUFO:

« 宇宙の法則には逆らえない | トップページ | いい悪いはない »