« きくちゆみ氏がワクチンの危険性を警告 | トップページ | あるがままに生きる »

2010年2月27日 (土)

チリ大地震で日本への津波警戒

----------------------------------------------
28日午後に津波到達か=日本の太平洋沿岸-最大1メートルと予想・気象庁
2月27日19時12分配信 時事通信

 チリ中部沿岸で起きた大地震で、気象庁の関田康雄地震津波監視課長が27日夜、記者会見し、日本に津波が到達するとすれば、28日午後1時すぎ以降との見通しを明らかにした。地震の規模から大津波は考えられず、大きい場合でも、津波警報の発表基準である高さ1メートル程度と予想される。同庁は28日午前11時ごろまでに、必要に応じて津波警報・注意報を発表する。
 関田課長は「津波警報が出た場合、海岸付近の住民は速やかに高台へ避難していただきたい。注意報の場合は、海中での作業をやめていただきたい」と話した。 

----------------------------------------------

遂にこんな話が来たか、といったところです。

とりあえず明日の午後1時頃、日本の太平洋側に1m程の津波を予測したとあるが、あくまで予測なので警戒心は緩めない方がよい。

そして今後も大きな地震が来る度に、津波の心配があるという事を肝に命じておくべきだろう。

しかし最近大きな地震がありすぎ。

フォトン・ベルトの影響?

それとも地震兵器なるものによるもの?

どちらが原因でもなく、通常の状態で自然発生しただけ?

それとも人間が地球の環境を破壊していることによるもの?

とにかく今地球がおかしなことになっているのは言わずもがな、である。

いろいろ各自で情報を取り出して精査してみて下さい。

|

« きくちゆみ氏がワクチンの危険性を警告 | トップページ | あるがままに生きる »

地球に祈りを」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チリ大地震で日本への津波警戒:

« きくちゆみ氏がワクチンの危険性を警告 | トップページ | あるがままに生きる »