« ヒーリング体験 | トップページ | チリ大地震で日本への津波警戒 »

2010年2月25日 (木)

きくちゆみ氏がワクチンの危険性を警告

きくちゆみ女史は、911事件が起きた時、自分なりに911事件の真相を調べている中で知った平和活動家の方です。
今現在も精力的に活動されていて、とても尊敬しています。

ちょっと待った!子宮頸癌の予防接種は危険。知って下さい&広めて下さい

最近子宮頸癌のワクチンが日本でも始まったのをご存知だろうか。
無料で受けられるが、最悪の副作用は、摂取直後に死亡することだそうだ。

つまり、”タダほど怖いものはない”ということ。

自分達が投入している税金を使って賄われている訳で、無料とはいえ結局自分のお金で体内に毒を入れることは明白である。

とにかくきくちゆみ氏の記事を全部読んで下さい。

動画もあり、かなり参考になります。

911事件を皮切りに、世界は恐怖心を国民に煽って、密かに世界の無知の民を弱体化させる計画を進めていることに本当に気付いて下さい。

既に第三次世界大戦が始まっているようなものだ。
それも、金欲にまみれた輩から何も知らない一般庶民に向けて仕掛けられた見えない戦争。
でもそれを阻止できるのは、我々庶民の理性と知性とハートなのだ。

もう無知ではいられない。

テロリストなんていません。

造られた世界に従わされるのはもうごめんだ。

まず真実を知ること。

それがあなたの心に火を点けます。

民主党新政権も、それまで作られた旧体制のしがらみを少しずつ払いのけながら、慎重に政策を進めようとしています。それこそ、国民の為を思ってのこと。
だから、いきなりワクチンを止めることもできないし、いきなりマスコミの体質を変えることもできない。
本当に綱渡りのはず。
苦労が絶えないと思います。

だからこそ、今の政権に全部責任をなすりつけるのはおかど違い。
寧ろ、無知で情報の受身をよしとしてきた国民の方にこそ問題がある。
こんな世の中にしたのは私達の責任なのです。

自分の身体を病気から守るのは、タダで受けられるワクチンではありませんよ。

自分の心ですよ。

|

« ヒーリング体験 | トップページ | チリ大地震で日本への津波警戒 »

マスコミが書かない話」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きくちゆみ氏がワクチンの危険性を警告:

« ヒーリング体験 | トップページ | チリ大地震で日本への津波警戒 »